龍馬

最高の人生の見つけ方の龍馬のレビュー・感想・評価

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)
4.0
余命6ヶ月――
ふたりの輝かしい人生は、そこから始まった。

2019年に日本版で吉永小百合と天海祐希でリメイクされたオリジナル版になります。

余命6ヶ月と診断されてしまった2人の男が、やり残したことを実現するため冒険に出るハートフルムービー。

原題の『The Bucket List』とは、”死ぬまでにしたいこと”をリスト化したもので映画の中では、『棺おけリスト』と訳されています。

二人の男を、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが演じており、一番の見どころは、この初共演の二人の演技力が素晴らしいところに尽きます。

日本版は、お涙ちょうだい的な脚本と演出でしたが、本作は泣かせようとするような演出は、ほとんどありません。あくまでも、俳優の演技力に任せた演出になっています。

日本版の時間は115分に対して、こちらは97分と淡々と描いていることからもわかります。それでも、瞼が熱くなり涙がこぼれ落ちる力を持っているのです。

ロケ地も、フランス、エジプトのピラミッド、インドのタージマハル、中国の万里の頂上、エベレストと世界旅行をしたような気分になる豪華景色もみどころのひとつです。

「一日一生」このような気分で毎日を楽しもう!
ということを考えさせられる映画です。