最高の人生の見つけ方の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「最高の人生の見つけ方」に投稿された感想・評価

sut0

sut0の感想・評価

-
記録用
仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は、入院先の病室で知りあった。共に余命は6か月。やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し、無謀にも病院を脱出。“やりたいことリスト”を手に、さまざまなことに挑戦する。
mg

mgの感想・評価

3.9
記録用。
蒼龍

蒼龍の感想・評価

5.0
2回目の鑑賞。リメイク版が吉永小百合さん、天海祐希さんで公開されているので見直し。本作1回目鑑賞の際、かなり泣いてしまったことを覚えていたが、やはり泣けた。。。割と忘れているところも多かったけど、印象的なシーンはやはり覚えていたし、台詞も入っていた。出だしを全然覚えてなくてちょっとびっくりしたけど、この映画、出だしがとても良いと思う。
モーガンフリーマン、ジャックニコルソン。この2人の男の友情。って感じも素敵だったけど、リメイク版は女性。どの様に映し出してくれるのか、とても楽しみ。
世界一の美女にキスする、の叶え方にキュンとした。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

-
期待値が高すぎた 題どおりです 命について考えるタイミングではなかった
akuru

akuruの感想・評価

3.8
13年前も泣いて、今も泣ける映画ってそんなにないと思う。悲しいから泣くっていうよりあったかい気持ちで泣くんだ。

エドワードとカーターはたまたま病室で同室になった。共に化学療法で苦しみながら、死ぬ前にやりたいことリスト「棺桶リスト」を作る。それを実現するために、2人は残りわずかな人生の中で旅に出る。

スカイダイビングをしたり、ピラミッドを眺めたり高級車で当たり屋みたいなことをしたり。80近い2人がこっちが心配になるようなことばかりするのが痛快!ハリウッド俳優ってほんとすごいな。体当たりっていうかそれがジャックニコルソンとモーガンフリーマンだもんだから楽しんでやってるのがわかる(笑)

この2人が心から楽しそうで、子どもみたいな顔してやりたいことを次々やるのが見てて楽しい。こっちの夢まで叶えてくれそうで。

だけど、そんなに長くは夢は続かない。人は結局死んでいく。

でもそれでも死ぬ前に思いっきりやりたいことをやって死ぬエドワードとカーターが羨ましい。やりたいことをやって死ぬ。それこそ夢だけど、自分の心がけしだいでできるはず。
私も死ぬ前に「泣くほど笑う」ことができたらいいな、とジャックとモーガンの無邪気な笑顔を見て思った。
Mia

Miaの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

記録
人生に希望を見出す。
年齢層高めのバディムービー。

でこぼこだけど、ウマが合う二人。
序盤から性格は真反対だけどなぜか惹かれ合う二人が印象的だった。
シーンごとでもそれを如実に表していて、スカイダイビングとカーレースのシーンとかは二人の生活の違いまで感じられて面白かった。

二人とも過ごしてきた生活は違うものの信念があるという点では同じで、お互いの信念のもと最後までリストをやり遂げる姿勢は生きる人全てに希望を与えるようなものだった。

歳をとっているからこその味わいや深い楽しみがあるのだと思う。
自分も歳を重ねるごとにこの映画の魅力は変わっていきそう。
できるだけ様々な体験を今のうちにしておくべきなのだとも感じた。

各シーンが素敵で、ロケに相当なお金がかかっていそう。

日本版は見ていないが女性という視点と、このお金問題が海外映画とは変わってくるところなのか。

モーガンフリーマンもジャックニコルソンも流石の貫禄で、たしかにこの映画のキャスティングにはもってこいだった。

ロブライナー監督、ウルフオブウォールストリートに出ていると知ってびっくりした。
また見直したときにしっかりチェックしたい。