最高の人生の見つけ方の作品情報・感想・評価

「最高の人生の見つけ方」に投稿された感想・評価

TS

TSの感想・評価

3.5
配役が絶妙

病室であんなに爆笑するとは

洒落の効いた映画でした
いよら

いよらの感想・評価

3.7
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという名優だからこその空気感がいい。死ぬ前に一緒にいて良かったと思える友に出会えるって凄いことだなと思います。
まぁ、お金があるからこそ、あのバケットリストを叶えることもできたのかなと思いますが…
意外とさっぱりしててあれ?って感想w
つまり、エドワードの資産やお金も、カーターの家族や愛も、どっちもあった方がいいってことね!
dou

douの感想・評価

3.1
うーん、コンセプトはいいんです。余命宣告されたおっさん達が人生の楽しみを見つける、という。

でも、一つ言わせて下さい。
「そりゃあ、金の暴力で豪遊しまくったら楽しいでしょうよ!」と。


プライベートジェットで世界中を旅して、絶景を見る。
マスタングをぶっ壊しながら、爆走する。
いいもの食う。いい女抱く。


やってることがお金あってこそのものばかりだったので、「当たり前に楽しそうなことを、当たり前に楽しんでるだけ」の映画だった。


余命わずかなカーターは
「これが本当の人生の楽しみ方だ!」みたいな発見をするけど、そりゃーそうでしょって感じ。


もっとチープな遊びで人生を楽しんで欲しかった。
そうすれば、「挑戦する人生は楽しい」なんていう、メッセージ性がより伝わったと思う。

残された人生を楽しむってコンセプトは素晴らしいのですが。笑
Dai

Daiの感想・評価

4.6
原題はThe Bucket List

Kick the bucketは英語の成句で「死を選ぶ」という意味。首吊り自殺の際に、バケツを台替わりにし、最後にそのバケツを蹴ることで死に至るということに由来する。原題のThe Bucket Listは「死ぬまでにやっておくリスト」といったところだろう。

ジャック・ニコルソン×モーガン・フリーマン

もうこの二人の共演というだけで見ない理由はないのだが、ストーリーも含め素晴らしかった。

モーガン・フリーマン扮する整備士のカーターはジャック・ニコルソン扮する病院の経営者エドワードと病室で知り合う。全く違う人生を歩んできた二人だったが、意気投合する。そんなある日二人は自身の余命を知ることになる。二人はやりたいことをリスト化し、それを実行に移していく。

ストーリーはいわゆる王道なのだが、これがたまらなく良い。カーターのバーの件は本当に良かった。病室で大笑いする二人のシーンは笑いながら泣いてしまった。

ジャック・ニコルソンの不敵な感じの笑い方がとにかく好き。年を取っても変わらぬ存在感はさすがの一言であった。
Kent

Kentの感想・評価

3.9

リスト作ろうかな
仲良くなるには時間とユーモアが
必要だよね

どんな映画でも伏線の回収は痺れるよね
あやの

あやのの感想・評価

4.3
病室で出会ったふたり。全てにおいての価値観も全く違う2人がお互いに余命を知り、この世でやり残したことをひとつずつ実行していく。

やり切ったとゆう気持ちで最期を過ごしたいと思った。立ち止まってる暇なんてない。できる時にできることを後悔がないように生き抜こう。

あと泣きそうになったのが、エンドロールで流れるジョン・メイヤー「SAY」の歌詞。映画にぴったりだし個人的に今の私にはすごく響いた。当分リピートしてそう。
そら

そらの感想・評価

3.7
人生っていいなと思える作品。
モーガンフリーマンにしか出せない味ってあるよね。本当に素敵な俳優。
>|