マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙の作品情報・感想・評価・動画配信

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙2011年製作の映画)

The Iron Lady

上映日:2012年03月16日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.4

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」に投稿された感想・評価

shogo

shogoの感想・評価

3.5
マーガレット・サッチャーの伝記映画。

偉大な人物は常に孤独だということをよくよく表した内容。

メリル・ストリープを支えるジム・ブロードベンドの芝居が素晴らしい。
kanegone

kanegoneの感想・評価

3.5
もう少し扇情的で、食いつきのいい内容かと思ってたんだけど、けっこう堅かった。

言葉の持つ力がどれほど偉大かを感じる作品。

友達や好きな人に送る短いLINEにも、ときに相手の人生を支えたり、変えたりするような力があるけど…

行動力が伴えば、その力は国や歴史さえ変えうるんだな、と思った。

欲を言えば、もう少しポップでもよかったかな、と思います。できれば学生のうちに見ておくのがオススメかも。
録画鑑賞

晩年と現役時代を行ったり来たりすることで鉄の女の普通の人間らしさを強調したいのか、そのぶん政治家としての描写が減ってしまいスゴさが伝わってこない。サッチャーのこと知らない世代や他国の人が観るには不向きかも。
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

2.8
 鉄の女サッチャーの人生を振り返る。

 サッチャーというのは新自由主義が台頭している現在から見ると非常に賛否両論が分かれる人物で、賛美するだけでも否定的に描きすぎても何か違う感じになってしまう。認知症になった現在を振り返る形というのはなかなかうまいつくり。まぁ、だからといってこの映画が面白いかというとちょっと微妙な気もするが。。。
 サッチャーが新自由主義的な思想を持つに至った過程が一番興味があるのだが、この映画を見る限りだと自分は女性という逆境を乗り越えて首相になったから人は皆頑張れるはずだという佐野眞一の橋本市長評に近いものを感じた。

 メリル・ストリープがどう見てもメリル・ストリープに見えないのはすごい。
NOB

NOBの感想・評価

3.0
NHK-BS録画視聴。
地図

地図の感想・評価

3.1
辛そうなおばあちゃんを見てるとこっちまで悲しくなる。
メリル・ストリープの生々しい認知症の演技に感服した。


──最近は"考え"より"気持ち"
"お気持ちは?"
"居心地が悪いわ"
"我々の気持ちとしては…"
今の時代の問題の一つは、人々の関心は"どう感じるか"で、"何を考えるか"ってことじゃない。
"考え"とか"アイデア"こそが面白いのに。

──"考え"が"言葉"になる。
その"言葉"が"行動"になる。
その"行動"がやがて"習慣"になる。
"習慣"がその人の"人格"になり、その"人格"がその人の"運命"となる。
"考え"が人間を創るのよ。


●概要
名女優メリル・ストリープが、強硬な政治手腕で鉄の女と呼ばれたイギリス初の女性首相マーガレット・サッチャーを演じ、アカデミー主演女優賞を受賞した感動のドラマ。
an

anの感想・評価

3.3
メリルストリープの演技だけなら、⭐︎5つですね!本当に、現役時代と、隠居時代の表現の仕様がすごい。
全体としては、各シーンのつながりが感じられなかったし、人物の魅力がもっと伝わればいいと感じました。
あられ

あられの感想・評価

3.0
過去鑑賞記録
>|