Summer of 85の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「Summer of 85」に投稿された感想・評価

ai

aiの感想・評価

3.0
まず役者陣の顔面偏差値の高さにもう終始スクリーンに釘付け🤣(笑)
ひと夏の恋、予期せぬ別れ。喜びと怒りと悲しみとが100分間にぎゅっと凝縮されてた。青春の儚さよ😭
ノスタルジーな映像と音楽は本当に好き!みんなハマっちゃうと思う🥰
全編フィルムで撮影してるらしく、本当に80年代に撮影したみたいで、とってもよかったな。空気感。
フィルム特有のざらざら感、質感、色も良くて、こだわりを感じた‼️
フランソワオゾン 良きですね〜
ame

ameの感想・評価

4.0
誰かが作った物語に惹かれるのは、そこに自分の人生を垣間見る瞬間があるから。そしてこの作品は心当たりがありすぎる。
Msd

Msdの感想・評価

3.8
すごくかわいいお尻をみてしまった。
脚も綺麗すぎる。
つまり可愛すぎる。
爪跡を残しそうで流れるひと夏。
それにしてもフランスのひと夏は素敵だなぁ。
ダヴィドの顎がとんでもなくとんがってたなぁ。
ラストの変わり身?はちょっと難しかったけど、可愛いからなぁ。
現在を物語ることにより過去となり、再生へと向かう。キュアーとロッド・スチュワートの曲がぴったしだった
はち

はちの感想・評価

3.9
音楽、ファッション、全部美しい。

愛の形は色々、人を好きになって周りを見失うのは男でも女でも関係なく儚くて素敵な事だけど、
ここまで狂える脆さは一夏の恋ならでは。

ダヴィッドの本意がわたしには理解できずクズだなと思ったのに、
それ以上にかっこよくてわたしも好きになった。

これが男女の恋愛ならただ普通に眺めていられるのに、ここまで気持ちを掻き乱されるのは
なんだか影のあるダヴィッドの魅力とあまりに真っ直ぐ浮かれているアレックスの関係が、
いつ壊れてしまうのか、ずっと苦しかった。

ただ人を好きになるだけなのに好きになればなるほど辛いね。

しかしながら2人の顔面偏差値がとてつもなく高く、
画面上に映る高い鼻と美しい身体が重なり合っていくシーンは芸術的。

the cureが爆音で流れるのはもう最高!
そら

そらの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

名作。
CMBYNのような爽快感がありつつも、死という暗さがいつも漂ってるのが面白い。
主人公ふたりの感情をもう少し考えたいので原作小説も読む。
ねめち

ねめちの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

なんだかほんと哲学で泣いてた。僕たちが愛する人間も世界も物もなにもかも理想通りにトレースした都合の良いもので、ここにあたる相手は(関係が密なほど)僕たちの主観で描く虚像や理想の押し付けに自覚は無けれど苦しんでいる。私たちが愛する者とはこの世のどこにも存在しないし手に入れることさえできず100%認識さえしきれないんだね。じゃあ私たちが愛してるその人はなんなのってかんじだ。本当にそれは愛なのか。なんだか僕たちそんな手ブレ修正のない曖昧な世の中で生きてるんだなって驚いた。認識や主観という保護シートを消し去り直で世界に触れたら人間はどうなっちゃうんだろう。

作家さんが伝えたいことはこんなことじゃないかもしれないけど陽気な音楽流れる映画のエンドロールの中で思ったことです。

映像が美しく、色味も良かったしハンディカムで撮っているかのような手ブレ感やズームが当時らしくて可愛かったです。
Rina

Rinaの感想・評価

3.6
あれね、欧州フィルムはすぐに本題に入るから観やすいね
最初はこのテンポ感に違和感だったけど。

挨拶、自己紹介、Putainくらいしか分からんから、ずっと字幕追わなきゃ行けないのが辛かった〜

色合い諸々かわいいね
フラ語まじわかんないから、字幕つけた人が素直な事祈るけど、Putainもマイルドにされてたから、しっかり理解出来てるのか…だから日英以外の映画は辛いんだな〜

あと、Alexisがキュートだったのは置いといて、Davidもあ〜ハンサ…ム?む?誰かに似てる誰だろ?え、絶対日本人に似てる人いる。え誰だれだ?なんか誰かの弟…誰だ!?
ってループに何度か陥った笑

満島真之介さんでした。似てない?私だけ?笑
もうお顔が過ってよぎって笑
仏版満島真之介さんだ
晴

晴の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

冒頭のメタ発言にグッと引き込まれ音楽と共にタイトルバックが映し出される。すごく良かった。80年代のファッションだったりフランスの鮮やかな色彩がもう良かった。
印象的だったのはクラブでダヴィドにイヤホンをつけられ、アレクシだけが自分の世界に入って踊るシーン。ダヴィドに耳を塞がれて、アレクシはダヴィドの世界の中に居るような感じがした。ダヴィドに陶酔し彼しか見えなくなっている状態を表しているようだった。
ダヴィドの顔や体を好きになっただけで、中身を愛した訳では無い。まだ若くて恋愛をあまり経験していない青年にとって自分自身の理想は特別に輝くもので、一層ダヴィドに魅せられたのだろう。
人に対して幻滅してしまうことがあるが、それは知らないうちに相手に自分の理想を押し付けているからなんだろうなと考えた
自己中心的にならないように気をつけよ

あなたにおすすめの記事