MALPASO

アナザーラウンドのMALPASOのレビュー・感想・評価

アナザーラウンド(2020年製作の映画)
4.0
映画『アナザー・ラウンド』

アカデミー賞監督賞、国際長編映画賞ノミネート。

デンマーク映画。
マッツ・ミケルセン主演。この人のことは、アカデミー外国語映画賞にノミネートされた「偽りなき者」で初めて知った。映画は傑作だった。その後ハリウッド映画に次々出演。007、スターウォーズ、マーベル ・シリーズにも出演。あっという間に世界のマッツ・ミケルセンになった。

今回は『偽りなき者』のトマス・ビンターベア監督と再び組んだ作品。この映画が世界に注目されるのも、アカデミー賞にノミネートされるのも、二人の前作があるからこそ。

マッツ・ミケルセン演じる問題をいろいろ抱える50歳を過ぎた高校教師と3人の同僚たち。彼らはノルウェー人の哲学者が提唱した「血中アルコール濃度を一定に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論を実験し、学校でも酒を飲み始める。授業も家庭もうまく行きはじめるが、酒の量が増えるにつれ問題が発生。

まずこの映画を観る上で、絶対知っておかないといけないのが、デンマークの飲酒事情。デンマークでは、親の許可があれば子供も酒を飲める。平均的には、14歳から飲み始めるらしいということ。これを知らないと、冒頭から混乱すると思う。

映画自体はよく出来ていて、前半はコメディ・タッチだけど、後半、悲劇も描かれる。元体操選手でダンサーのマッツの華麗なダンスも観られる。でも、アカデミー賞にノミネートされるほどの傑作かというとどうだろう?確かに面白い映画だけど。
国際長編映画賞は受賞もすると思うけど。