あんじょーら

アナザーラウンドのあんじょーらのレビュー・感想・評価

アナザーラウンド(2020年製作の映画)
2.8
原題はデンマーク語でDruk何となく飲酒的な意味なのかとも思いきや、オランダ語訳がどうも良く分かりません・・・でも英語題のアナザー・ラウンドもちょっと意味が分からない感じがしますけれど、飲酒の映画です。



デンマークでは17歳以上の人が飲酒が出来るようで、高校生と思われる集団がビールをケースで運びつつ、湖を1周する間に中のビールを飲み切って早く帰ってきたチームが、参加者全員分のビール瓶の返金代金が賞金になる、というゲームの後に、街に繰り出して騒ぎを起こします。高校ではこの騒ぎを受けて校内での飲酒を禁止するのですが・・・というのが冒頭です。




主人公は高校教師で、マーティン(マッツ・ミケルセン)は歴史教師、心理学の先生ニコライ、体躯教師のトミー、音楽教師のピーターの4人の中年男性です。


彼らはある意味に於いて、それぞれが人生に行き詰まっています。妻帯者は2名のみですし、その2名も妻からはほとんど相手にされていませんし、生きがいそのものを失っているような生活で、仕事も当然成果を上げているとは言えない状況です。


しかし、ここで心理学教師がとんでもない提案をします、ある哲学者によると人間にとって最も良い状態は血中アルコール濃度が0.05%の時である、とする説を証明しようとします。


当然、生徒に対してアルコールを禁じているわけですし、そもそも仕事中に飲酒が認められるわけがありませんけれど、ある程度の効果が、認められてしまいます。その効果の現れる演出は、素晴らしい演出でした。こういう授業だったら私もまた受けてみたいです、特にマーティンの歴史の授業は、他国の歴史授業でもありますし、非常に面白かったです。そして音楽教師の授業も素晴らしかった!ココが良かったので説得力がすさまじく上がりました。


しかし、当然ですが、飲酒による酩酊、単純に酔っぱらった状況は冷静な判断が出来るわけではなく、非常に厳しい現実も突き付けてきます。


中年男性4人が主人公である点が個人的にはとても良いと感じましたし、結局お前ら男性は中年というかなりの年齢になっても幼いままなのか?と言われてしまいますけれど、ココは私は、はい、そうです、と答えたいと思います。全然種類は違うけれど、総じて人間は愚かですし、そもそも間違いや失敗を起こしますけれど、特に男性は幼い事、それも精神的な年齢は実年齢よりもマイナス20くらいだと思います、恐らく2021年の現代日本では体感で男性が成人するのは恐らく40歳くらいだと思います。そして、そういう風に育てられていると思います。もちろん40歳までに仕事を持って、飲酒も行っているでしょうし、納税もしていると思いますけれど、精神的に大人と言えるのは恐らく40歳くらいだと実感していますし、もっと遅い人は、私を筆頭にもっと時間がかかるような気もします。



飲酒は、合法的なドラッグと言って良いと思いますし、適量が、人によっても、体調によっても、そして気分によっても、違うので、何とも言えませんけれど、娯楽の一つであると思います。


だから、適量が分かるようになるには、結構時間がかかりましたし、それなりの代償を支払いましたが、私にはとても必要性を感じる飲み物です。少なくともお酒を飲める人とは話が出来そうですし、飲みにケーションと非難されようとも、効果は絶大だと思います。特に組織に属していて会議を経験している人はご理解いただけると思いますが、会議の中では重要な事はあまり決まらずに、会議後の飲み会でほとんどが決まると思います。


この映画を観た後であっても、飲酒をして楽しくなる事には、とても大きな意味があると私は思います。


マッツ・ミケルセン、凄くイイ俳優さんだなぁ、と改めて思いましたし、デスストに出てくるクリフ・アンガー役でしたが、インパクト強すぎますし、敵としても強すぎます!何度コントローラーを投げ出そうと思ったか・・・踊るマッツ・ミケルセンが観られるなんてラッキーですし、踊りって人間が作り出した最も良いモノの中の1つだと思います。感情表現との相性が、歌と同じくらいイイし、歌よりも技巧的な鍛錬が求められるのも、素晴らしい。


あと全然知らない俳優さんですけれど、心理学の先生も凄く良かった、でも40歳ってホント??俺よりも10以上年下なんか・・・


飲酒の機会を奪われたお店の人に、是非ともオススメしたい映画でした。



んで、俺は間違いなく、この4人の中ならトミーなんですよ、気をつけないといけないのと、すっごく憧れる。