寸pyong

ゲット・インの寸pyongのレビュー・感想・評価

ゲット・イン(2019年製作の映画)
3.2
TSUTAYAでジャケ借り
酷評多いけど、そこそこ楽しめましたよ

はい、そりゃワシが捻くれてるからか

いけすかない黒人の旦那(ヘタレ)にはつい同情しちゃいました。ワルに流されちゃうとこなども。でも結局はついていけないからと気付いた時には手遅れの駄目さ

突然遺産の邸宅を乗っ取られりゃ、誰だってブチ切れるんじゃないの
いんや、慈善家の人ならば笑ってすんなり引き下がっるのは当然か

自分なら無理


キャラ設定含め???ってとこは目立ったけど、まぁいいです。そんな腹立つレベルじゃ無い

最後のセックスシーンは、生理的にヤダなぁと感じたのは何故
やはり見た目の問題でしょう
良い悪いじゃ無くて好みの問題ですから
嫌悪感って、コンプレックスの裏返しがあるんでしたっけ?


それよか、この監督さん
窒息パラダイス 真空エクスタシーのこと知ってたでしょうね