もち食

スパイの妻のもち食のレビュー・感想・評価

スパイの妻(2020年製作の映画)
3.9
ここ最近の黒沢清作品の中ではかなり満足。蒼井優と高橋一生はやっぱりすごい。

映画そのものが持つアーカイブ性、国家の崩壊を自分ごととしない...といった通底する黒澤監督のオブセッションは本作にも貫かれている。(プロットにおいて、黒沢監督がどこまで携わったか気になる。そんなに多くはない気がする)
最後の帰結が果たしてそれでいいのかどうか... 男1人のヒロイズムが有効かと言われると首を傾げてしまう。
ロマンスとサスペンス、ありふれたジャンルだがこの2つがここまで見事なマリアージュを成すものなのだと改めて実感した次第。ディテールのこだわりにも好感を持った。というかこのくらいを日本映画には基準にして欲しい。