エノーラ・ホームズの事件簿の作品情報・感想・評価・動画配信

「エノーラ・ホームズの事件簿」に投稿された感想・評価

TKL

TKLの感想・評価

3.6
秋の夜長、赤ワインを傍らに、ある意味において“現代版”の「シャーロック・ホームズ」を鑑賞。
“現代版”と言っても、ベネディクト・カンバーバッチの「SHERLOCK」のように現代のロンドンを舞台にしているわけではなく、コナン・ドイルが描いた19世紀後半のシャーロック・ホームズがそのまま登場する。
異なるのは、シャーロック・ホームズ本人が主人公ではなく、彼の“妹”が主人公であり、彼の“母親”がキーパーソンであるということ。

シャーロック・ホームズに“妹”がいたなんて話は聞いたことがないけれど、彼だって人の子、いくら架空のキャラクターであろうとなんだろうと、当然“母親”は存在する。もしかしたら“妹”もいたのかもしれない。
ただ、もしそういう家族構成だったとしても、原作小説の中で、“母親”や“妹”のキャラクター描写がピックアップされただろうか。
おそらくは、ただ一文節で紹介される程度だったのではなかろうか。
少なくとも、シャーロック本人にも勝るとも劣らない頭脳明晰なキャラクターとしては描かれることはなかっただろう。と、思う。


なぜそう思うのか?
それは、“そういう時代”だったからだ。


今この時代に、シャーロック・ホームズ本人を脇に追いやって、彼の“妹”と“母親”を「女性」の代表として、映画世界の中で雄弁に語らせる意義。
それもまた、“そういう時代”だからこそようやく成立し得たテーマだったと思う。
だからこそ、原作同様に19世紀後半のロンドンを描いたこの作品が、“現代版シャーロック・ホームズ”と思えたのだ。

重要なのは、登場人物たちを現代人として描き直すのではなく、あくまでも当時の時代設定のままで、当時の社会の中で生きる人間として描いていることだ。
それは、女性蔑視や性格差に対する問題意識や発言や行動が、何も現代社会に限って巻き起こっているものではないというメッセージに他ならない。
100年前から、いやもっと前から、女性たちは、与えられるべき正当な権利と、認められるべき自由な生き方を主張し続けているのだ。

聡明な母は、「ひどい未来を残すのは耐えられなかった」と、愛する娘が16歳になったタイミングで姿を消す。
それはまさに、過去から現代に至るまで、世界中の女性たちが胸に秘め続ける思いではないか。


この意欲的で独創的な映画もまた「Netflix」映画である。
Netflixで独占配信される作品には、社会的、思想的、政治的なメッセージをダイレクトに強くぶつけてくる作品が多い。
映画作品としては、その主張の強さが時にアンバランスに感じる時もあるけれど、それも、“この時代”が必要とせざるを得ない表現方法であり、手段の一つなのではないかと思う。
KonKon

KonKonの感想・評価

3.4
鑑賞記録
yuki

yukiの感想・評価

4.3
イレブン!
ごぼう

ごぼうの感想・評価

3.0
かなり見やすい。違うとわかっててもエノーラがテレキネシス使うのを期待してしまう、、
えりか

えりかの感想・評価

3.1
ミリーボビーブラウンもルイパトリッジも好きすぎ💖内容は役者で補正かかってるけどもっと深みが欲しかった
M

Mの感想・評価

4.5
衣装も可愛いし話も面白いけど、ちゃんとフェミニズム要素もあってとっても面白いよー!
この時代は今なんかの比にならないくらい男女格差がすごかったんだろな。
ネトフリはちゃんとタイムリーにこういう作品作ってて素敵。
値上がりするけど頑張って払っていくよ。泣
なるこ

なるこの感想・評価

4.6
これはとてもおもしろかった
ミリーも美男もかわいいしお母さんも好き
さすがホームズの妹!
勇敢で聡明でとってもお茶目。
それを上回る母も素敵。

そこにあのふたりの兄、
なんて最強ファミリー

侯爵も男前で
目を潤してくれた。

どんな暗号もお任せあれ。

また会いたくなるエノーラに。
毎日映画チャレンジDay 6

シャーロックホームズ自体が好きな人はちょっと物足りないかもね。
ワトソン出てこないし
題材がすごく今っぽい。SHERLOCKの映画によく似てる。
女性の政治参加にフォーカスしてるけど、じゃあその頃のイギリスの人種に対する風潮はどうだったのだろうとキーキャラクターを見ながら思った。レストレードとか。
>|