みーちゃん

もう終わりにしよう。のみーちゃんのレビュー・感想・評価

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)
4.5
難しいことは考えず感じるまま観よう。そして、観た後は敢えて皆さんのレビューや考察は読まず感じたまま書こうと決めていたのでそうします。※ネタバレかも。

めちゃくちゃ面白かった。そして感動した。これは救いの物語だ。表現が不安定でぐちゃぐちゃなのは、彼が人生の終わりに見ている走馬灯だからだと思う。理路整然とした走馬灯なんてないもの。そして、トラウマやコンプレックスの再現&解放だ。例えば、彼にとって毒親だった母、向き合わない父の存在。軽蔑と同時にそこから生まれた強い自己否定感と渇望する承認欲求。これらを見事に体現していた。ストーリーテラーである理想の彼女は、自分を客観的に見るもう一人の自分。だから、校舎内で言葉を交わしハグした場面には深い意味があると思う。自分を許し、受け入れ、解き放たれた瞬間だった。しかも、あの豚さんが迎えに来てくれるとは…。思わず胸が熱くなった。
実際に彼の身体があるのは、孤独なベッドの上なのか、車の中なのか、見た通りなのかは分からない。それは単に結果であり、この心の旅の過程こそが重要なのだ、と思う。本当は全然違ってたりして😊