もた

ショック・ドゥ・フューチャーのもたのレビュー・感想・評価

-
主演の方はアレハンドロの孫だそうです。吉祥寺で『ザ・コクピット』見たのを思い出した。音が重ねられ曲が生まれる過程。映画としてはまだまだ良くなる気はしたけど、『ディア・エヴァン・ハンセン』の音楽に不満があったから、それを補ってくれる素晴らしいサントラだった。