東京バタフライの作品情報・感想・評価

上映館(3館)

東京バタフライ2020年製作の映画)

上映日:2020年09月11日

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

あらすじ

「東京バタフライ」に投稿された感想・評価

丘

丘の感想・評価

-
2020.10.27鑑賞。
ebi

ebiの感想・評価

-
キラメイジャー→水石亜飛夢さんをフォロー→東京バタフライを知る、の流れで縁あって足を運びました。
何かに一生懸命打ち込んだことのある人、努力だけじゃ叶わなかった夢がある人、なりたかった将来とは別の道を歩んでいる人、にはめちゃくちゃ刺さるんだろうなあ
恥ずかしながら何かに打ち込んだこともない、即ち挫折も未経験なので、私にはそこまで刺さらなかった…
個人的に小林竜樹さんの演技がとても好きだった
役柄もあるのだろうけど、とてもよかった
ラストの歌、透明感という言葉がしっくりくる素敵な歌声、綺麗な声だけど芯もしっかりある意志の強そうな、そんな声
パンフレットがないのが残念だったなあ
もふ

もふの感想・評価

3.6
白波多カミンちゃん、松本妃代さんのファンなので、この作品を知ることになり、観に行きました。カミンちゃんの柔らかさに癒され、鋭さに心が震え涙しました。

ベースの役者さんの演技が好きでした。
さら

さらの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

自分の謝罪が意味を持つと思ってることの傲慢さ、には辟易するけど、みんな楽しくて納得してんならいんじゃない。
ビデオ屋の店長がすごくよかった。

さすがだなーと思わせるカットが多くて、日本映画の未来って明るいんだろうなと思いました。
こ

この感想・評価

3.8
どん底に落ち込んでいる時に観ました。
救われました。
ありがとうございます。

小林竜樹さんがスクリーンに映ると安心感すらある。
小林さんのあのシーンは泣いちゃいました。
泣いちゃいますよ。
tu

tuの感想・評価

-
友人が出ていたので鑑賞。全国公演めでたい。てっぺん取ってほしい。
ゲル

ゲルの感想・評価

3.7
万人受けはしないかもしれないけれど、寂寥感のあるストーリーや雰囲気に『四月の永い夢』『わたしは光をにぎっている』と通じるものがある。
二作品が好きなら楽しめると思う。
ただ、テンポが良くないというか非常に間の良くない作品で、もっとストーリーが自然に流れていってほしかった。
もう少し尺が長かったら飽きて寝てしまったかもしれない。
安曇が6年間抱えていた思いがあまり語られずイマイチ弱いので、あれだけで区切りをつけられるのかも疑問。
もう少し彼女の内面を丁寧に描いてほしかった。

主演の白波多カミンはミュージシャンのmiwaを彷彿とさせる雰囲気。
怒っているシーンとそうでないシーンの話し方が違いすぎる。。
修役の小林竜樹の演技力が抜きん出ており、メインの他の3人がかすんでしまっている。
特に、修が決意を語るシーンは胸に迫るものがあり、一緒に涙ぐんでしまった。
修の新しいバイト先の店長も演技が上手かった。

楽曲『バタフライ』のサビのフレーズはとても印象的で、歌詞をどのように変えさせられたのか気になった。
それとも、サビはそのままで他の部分?
少なくともサビは変える必要がないように思えてもやもやしたので、どこを変えさせられたのかだけでも教えてくれても親切すぎることはないと思った。
mmm

mmmの感想・評価

3.9
メジャーデビューを前に、バンド内やレコ社との意見の相違から解散してしまったバンドのその後を描いた作品

メインとなるのは解散から6年後。
音楽を続ける者、離れてしまった者それぞれの日常を描きつつ、それでも心のどこかに残ったままの音楽やバンドへの思い。
ある出来事をきっかけに、前に進むために、きちんと終わらせるための行動に出る。

4人の現実が何ともリアルなんだけど、音楽に限らず、理想や夢と現実・やりたいこととやれること、安定、何を選ぶか、どう進もうか、選ばなかった方を捨て去れるか…ということは普遍的な悩みでもあるし、世代に関わらず、ふいに押し寄せてくることってあると思うのです。

リアルな部分に何かを重ね、少しだけ心が痛みつつも、一度は同じ道を志した仲間の存在とか、半端だったことを、きちんと終わらせることって大切だなぁと思わさせてくれる強くて優しい作品でした。

ひとつだけ欲をいえば最後はもうちょっとバンドとして見たかったかな。
(意図がそこでないと思うので不満ではないです。)
fumiel

fumielの感想・評価

3.6
久々に映画館で映画を観た。
夢を追いかけて、叶わなかった夢をちゃんと終わらせるバンドの話。バンドのことは詳しくないけれど、夢を追いかけるということは、バンドマンに限らず、こういうリアルな悩みや葛藤があるのだろうなあと思う部分がたくさんあった。面白かった。
>|