インファナル・アフェアII 無間序曲の作品情報・感想・評価

インファナル・アフェアII 無間序曲2003年製作の映画)

INFERNAL AFFAIRS II

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.8

「インファナル・アフェアII 無間序曲」に投稿された感想・評価


1作目の過去のお話。
若きヤンとラウが前作と違うキャストだったし、前作を観たのが結構前だったから最初は話についていくのが大変だった。
今作もおもしろかったけど、前作のインパクトがすごすぎた。
このシリーズは話が新鮮で良い。
薫子

薫子の感想・評価

5.0
キャストが豪華

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ2作目「無間序曲」

ヤンとラウがどのようにして出会い、お互いに潜入する運命を辿るのか。
尖沙咀(チムサアチョイ)の香港マフィアのボスであるクワンが暗殺された。その息子ハウ。組織犯罪課のウォン警視とルク警部は騒ぎが起きるのではと警戒していた。
そしてサムはラウを警察に潜入させようとする。3作目の最後にちょろっと出てきた、サムの妻マリーも登場。「マリー姐さん」と呼びなにかと慕っている様子のラウ。

一方ウォン警視も、警察学校の優等生ヤンを警察官になりたいかと誘う。彼はハウの異母兄弟であることを学校に隠していたため退学になったが「善人でありたい」と一言。
ラウとヤンがすれ違うシーンはそれだけで印象的。刑務所に入り、キョンと出会う。
ヤンはハウのもとに潜入し、ここではルク警部とモールス信号でやりとりしてる模様。

見た目はクールでザ・インテリって感じのハウは多分、内に秘めた復讐心に燃えている。
誰よりも冷静で雰囲気は次作のヨン警視みたい。
そしてマリーがサムにクワンを殺したのは自分だと打ち明けたのがきっかけで4人のボスが全員殺され、サムも命を狙われる。
警察署にいたハウは一本のビデオを取り出す。そこに映っていたのは、ウォンとマリーが会話するシーンだった。
それをウォンたちの会話を盗聴していたラウは急いでマリーのもとへ。ハウは裏切り者全員を始末する。それを目の当たりにしたヤン。

マリーとラウは身を潜めていたがサムになにかあったのではと、マリーは空港に向かう。それを必死に止めようとするラウ。しかしマリーは殺されてしまう。このときのラウのなんとも言えない表情。

エディソン・チャンとショーン・ユーのイケメン二人を同時に堪能できる上に、脚本も面白くて過去編としては最高傑作。ウォンの同僚のルクも面白いキャラクターでした。
marimo

marimoの感想・評価

3.6
先ほどに続いて第2部。

第1部は香港独立前後を時代背景としていたことに今更気がついた。

いま現在起きているデモと偶然にも観賞時期が重なる。

週末に第3部を観よう。
ひら

ひらの感想・評価

-
サムが、1のあのサムと気づくのが遅すぎた
記録:2019 8/16 鑑賞
QUENZE

QUENZEの感想・評価

3.7
<記>
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.9
前作に続け鑑賞・・・過去に戻るとは、なかなかない展開!!
マフィアに潜入しているヤンの過去がハッキリ見えてくる面白さ。
ウォン警視とサムの関係・・・サムがボスに成り上がるいきさつが見れた。
これは前作を観ていた方が、かなり楽しめるのではと感じました。
大好きなシリーズ、インファナルアフェアの2

トニーレオンとアンディラウの若い頃を、
別の俳優さんたちが演じる

久々に、シリーズ3まで全部見直したくなってきた
原題:無間道Ⅱ
英題:Infernal Affairs Ⅱ

3部作の2作目。
前作の続編ではなく、時代は遡りラウとヤンの若き日の話。とは言えそれだけではなく、ウォン警視(本作では警部)とサムのやり取りも見どころ。
エディソン・チャン、ショーン・ユーに焦点を当て過ぎると少し軽くなってしまうところを、重鎮俳優達が落ち着かせてる感じ。ただそのスポットがハッキリしなさすぎてボヤけてしまった感が残念。
ただね、カリーナ姐さんの艶というか大人の色気がすげぇのよ。それだけでおなかいっぱいよ。

前作に比較して派手さやインパクトは少ないものの、シリーズファンは補足映画として必ず観ておくべき。
古惑仔シリーズと「硝子のジェネレーション」のような関係性ね。あ、全部アンドリュー・ラウ監督だ…
>|