yui

ノマドランドのyuiのレビュー・感想・評価

ノマドランド(2020年製作の映画)
5.0
人生は旅、
そしてその意味は自分だけのものだ。
一編の詩のようなこの作品が与えるその意味も、きっと観る人によって違う。

夫を失くし、金融危機により住居も失いノマドとして暮らす女性。
様々な労働現場を渡り歩きながら、多くのノマドたちと触れ合い、分かち合いながら生きている。
一期一会で支え合うサバイバルのような生活を強いられる事は、現代社会における欠陥の代償と言える。
しかしこの作品は、ノマド生活を通して生の実感や気づき、人生の美しさを感じさせるような温もりを持っている。

皆が同じ様に生きたいわけではない。
皆が思う様に死ねるわけでもない。

素晴らしい季節が過ぎて、いつか悲しみを抱いたとしても永遠の夏は胸に燃え続ける。
美しいものは、本当には失われることがないということ。

人は孤独では生きられない。孤独なしにも生きられない。
偶然に出会い運命を一時交える旅人たちは、同じ悲しみを持つ心で違う人生を語り合い、出発の朝に「また会おう」と声を交わす。

さよならなんてものはない。
死んだ人も同じ。この道を行けばいつかはまた会える、きっと遠いどこかで。