まおう

アイダよ、何処へ?のまおうのレビュー・感想・評価

アイダよ、何処へ?(2020年製作の映画)
4.0
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争にて実際に起きた大量虐殺事件を、国連軍の通訳として働く女性の視点で描いたアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。
戦争において如何に人間が無力で無責任でそして残酷かを淡々と映していき、やるせなさと虚しさで心を抉られる。
ノーマンズランド然り、目の前で起きてる虐殺や虐待をただ眺めるだけで一体何のためにいるのかわからない国連軍の無能さ、家族を守りたいがためにひた走るも事態が悪化するばかりで無力なヒロイン、まるでホロコーストの再来のようなそれが全て誇張ではなくつい最近起きた事なのだと突きつけられ、映画を見たあとしばらく立ち上がる気力を失うくらい打ちのめされた。
ラストシーンの子どもたちを見守るアイダの強張った顔はいつまでも我々に疑問を投げかける。私達に一体何ができるというのか。