uruma

アイダよ、何処へ?のurumaのレビュー・感想・評価

アイダよ、何処へ?(2020年製作の映画)
4.0
虐殺そのものを直接描写しなくても、前後の場面や逃げてきた人々の表情からおおよそ察することが出来てしまい、終始やるせない気持ちでいっぱいになる。
何より恐ろしいのは、これがそこまで昔の話ではないという事と今も尚同じような悲劇が繰り返されている事だと思う。
劇中で2回、人々が踊っている場面が出てきた。一見皆愉しげだけど、こちらをまっすぐ見つめてくる表情が妙な違和感を与えてくる。彼らの無言の眼差しは何を伝えたかったのか、鑑賞が終わった今も延々と考えてしまう印象的なシーンでした。