けまろう

アイダよ、何処へ?のけまろうのネタバレレビュー・内容・結末

アイダよ、何処へ?(2020年製作の映画)
4.1

このレビューはネタバレを含みます

『アイダよ、何処へ』観賞。ボスニア・ヘルツェゴビナで行われたスレブレニツァ虐殺を描いた作品。直接的に残虐なシーンがあるわけではないが、ムラディッチ将軍率いるセルビア人勢力の狡猾な手法で国連軍がなす術なく淡々と撤退していく様に却って絶望感が際立つ。
大規模な移送計画と銘打って行われたのはボシュニャク人男性の虐殺。主人公アイダは英語が堪能なことから国連施設で通訳として働いており、何とか家族だけでも逃がそうと試みるが敢えなく失敗。夫と二人の息子は処刑されてしまう。
結局生き延びたアイダが目にしたものは、ボスニア紛争後平穏に暮らす虐殺者側の姿であった。彼らは命令とは言え人を殺めたにも関わらず、子供や孫と一緒に幸せに暮らしている。
理屈では終わったことだと理解しつつも、抑えきれない怒りと哀しみの感情が最後アイダの瞳に宿る。
「そこに、神はいなかったーー」国連軍に対する失望と手を差し伸べなかった欧州全体への痛烈な皮肉を感じさせるキャッチコピー。