るたー

ミス・マルクスのるたーのレビュー・感想・評価

ミス・マルクス(2020年製作の映画)
3.5
予習が必要だったかもしれん…見て知っていくというより、知ったうえで見ると理解が深まりそう
各エピソードも、ミス・マルクスことエレノアの人となりを形づくっているのだけど、
状況説明が少ないので、あれは誰?いまの何のシーン?でわかりにくい

19世紀末のイギリスといえばシャーロック・ホームズの知識ぐらいしかなくて…(とはいえ振り返れば、児童労働も女性の低い地位もホームズには描かれていた)

そんなわけだが、エレノア・マルクスという人物を知れたことは大きかった

ワインレッドやアースグリーンの配色が絶妙の衣装もなかなか良いし、パンクロックとの意外な組み合わせも面白かった。(ラスト、ロックで踊りだすのはジョジョラビットを思い出した)