ワイルド・スピード MEGA MAXの作品情報・感想・評価

ワイルド・スピード MEGA MAX2011年製作の映画)

FAST FIVE

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

4.0

あらすじ

指名手配犯のドミニク(ヴィン・ディーゼル)と、彼を脱獄させた元FBI捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)。“お尋ね者”として追われる身となった彼らは、厳重に張り巡らされた捜査網といくつもの国境を越え、共に南米の地に降り立った。 ブラジルの裏社会に身を隠しながら、持ち前のドライビング・テクニックを生かし、超高級車の強奪など命がけのヤマをこなしていく2人。しかし彼らは、逃亡生活から抜け出し永遠の…

指名手配犯のドミニク(ヴィン・ディーゼル)と、彼を脱獄させた元FBI捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)。“お尋ね者”として追われる身となった彼らは、厳重に張り巡らされた捜査網といくつもの国境を越え、共に南米の地に降り立った。 ブラジルの裏社会に身を隠しながら、持ち前のドライビング・テクニックを生かし、超高級車の強奪など命がけのヤマをこなしていく2人。しかし彼らは、逃亡生活から抜け出し永遠の自由を得るために、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを奪うという、あまりにも無謀な最後の賭けに出る。難攻 N落の厳重なセキュリティを破り大金を盗みだすために、彼らは世界中に散らばる凄腕レーサーを招集。強烈な個性と超絶ドライビング・テクニックが交わるドリーム・チームを結成し、常識を覆す手口の大金強奪ミッションに挑む。しかしそんな彼らの計画の前に、FBI特別捜査官・ホブス(ザ・ロック)が立ちはだかる・・・。 果たして彼らは、激しい追跡の手から逃げ切る事が出来るのか―?そして最高難易度の強奪作戦を成功させ、永遠の自由を得ることが出来るのか―?

「ワイルド・スピード MEGA MAX」に投稿された感想・評価

Domm

Dommの感想・評価

4.0
BSでやってたのを録画して久しぶりに見た

MaxからのこのMEGA MAXでワイスピのアクションお祭りムービー化が確立された感じだよねー

まあ安定に面白い
ジャスティンリン作品はやっぱアツくなれるよねー

ドミニクとホブスのムキムキな完璧肉体に惚れ惚れしながら自分のガリの上に脂肪だらけの貧相な体を見て肩を落とすのでした…
めちゃファミリー
ガルガドットバイク乗ってた
お嬢

お嬢の感想・評価

-
婚前妊娠が嫌いだから、評価なし。

登場人物や話が面白いから、婚前妊娠設定がなかった場合の評価と感想は後日記載
鑑賞済。このエルサパタキーが超マジで最高にタイプ。
Gto

Gtoの感想・評価

4.3
記録
孫の手

孫の手の感想・評価

4.3
鳥肌が立ちすぎて涙が出た
アミ

アミの感想・評価

3.9
第5弾

むむむチョトマテ。
1つの作品としてとても面白い作品でしたいかにも!!!!
ただ果たしてこれはワイスピのギャング要素ゴリゴリに推してきたverなのか、それともギャング映画にワイスピ要素が付加されてるのか、、?いつの間に皆んな車以外のハイスペック要素身につけてちゃったの、、もう、、。
ここにきて3までの車への純愛感感じる映画の基礎を観てきた思考の軸を実感する、、(何を言ってるんだ、、、)
なんだろう、殴り合いも良いですけど、これまでの流れなら、その尺レースに当てて欲しい願望。だってワイスピなんだもん。車勝ち取るとこあったじゃん、なんでレースカットしたのよぉ。。お決まりだけど、勝つって分かってるけどさぁ、レースしようよう!!!!!一周でもいいからさ!!!
ワイルドのベクトルなんかちょっと変わったな(笑)車壊しすぎだようどっからそんな資金あんだよう。すごいなほんとさすがワイスピ。

まあごちゃごちゃ言ってたけど、m:i系大好物なので面白かったですほんと。

これまでと何が違うっていったらオコナーも完全に犯罪者ってことなのですね。つまりある意味新章突入ってことですね。
きっとこの感じで慣れていけば純粋に楽しめるでしょう。

なんといってもドムの偉大さね。彼についていきたい。誰もがそう思うね。

2011年か。次はついに2013年、、。進むにつれポールウォーカーの現実の死が迫ってる、、、。受け入れ難い、、、、
kiyo

kiyoの感想・評価

4.2
楽しさMEGA MAX!!!

序盤、車で湖?に突っ込むシーンからたまらんのだけれど、歴代キャラが集結して不可能に近いミッションに挑んでいくというニヤニヤが止まらない展開は、ここまでシリーズ順を追って観てよかったとつくづく思えた瞬間!!笑

ラストの金庫を引きづりながらのカーチェイスは、スケールがでか過ぎて逆に笑えた。「そうきたか」って!笑

今後のストーリーがどう展開していくのか気になる。
Junya

Junyaの感想・評価

-
※鑑賞記録用
>|