しゅん

真夏の夜のジャズ 4Kのしゅんのレビュー・感想・評価

真夏の夜のジャズ 4K(1959年製作の映画)
-
全体的に水色の印象が残っているのはなんでだろ?と思ったけど水色のセーター着て笑顔で女の子が最高だったからだな。
モンクやアニタ・オディやジェリー・マリガンのクリアな映像はじめて見たのでそれだけで嬉しさ満点です。アニタのハットすごくいい。
こういう空間を日本でやりたいならどういう翻訳が正解だろうかと考えながら映画館で指を踊らせていた。音と映像がちょくちょく合ってなかった?海流やヨットを空撮するシーンの抽象性に複雑な気持ちを持つ。