しゅん

ノイズが言うにはのしゅんのレビュー・感想・評価

ノイズが言うには(2010年製作の映画)
-
処女作で自分自身と家族への残酷さに踏み込んだことに対する畏れを作家と観客が共有しているようで、とても不思議な時間だった。一歩引いて観れば、こうした実存の問題を前面に晒した作品は世に溢れているし、本作も同様の「同性愛者と身近な他者との軋轢」を題材にした映画としてクリップ🖇できてしまうけど、手紙を読んで嗚咽する母を映す長回しが唐突に斜めにグラっと揺れるところで観客も揺さぶれる体験には、やはり何か強いものが宿っている。
最後の友人の「バカがいる笑」には優しさがあってフワッとした。