horahuki

ザ・ベビーシッター ~キラークイーン~のhorahukiのレビュー・感想・評価

3.7
触らなければ受動喫煙!

よろしくないおクスリも自分の手で触れずに吸えば大丈夫というトンデモ理論を打ち出した続編!前作で関係者誰もいなくなったから大丈夫かなって思いつつもメラニー居たからきっと大丈夫なんだろうなって思ってたら、まさかな展開に笑った🤣評価がめちゃくちゃ低かったからどうかな…と思ってたけど、この路線は大好物!

序盤から前作の反復で笑いを取ってくるスタイルは大好き。体育館でのボールヒットから始まり(しかも2発)、学校前でのメラニーの会話も既視感バリバリ。そんでメラニーが口走るビーを思わせるセリフの数々。円に座った時点でスタートを予感させちゃうのは前作あるからこその笑いだし、「ワッツザファック」の決定打とかサイコーすぎる!

容器の底上げしたり量を減らしたりなんてセコイことせずに、前作のカルト集団がおバカ度増して再登場!なリニューアル感も大好き。アリソンはやっぱりおっぱいに穴があくし、お家芸なノリツッコミも見せてくれるし、裸男さんはあそこに今度こそクリーンヒットかまされるしで、前作を踏み台にして茶化しまくってるのがたまんない。というか前作を反復することによる茶化しと数多ある有名作からの引用による装飾過多が前作以上にやりすぎ感あってある意味すごい。この本編以上に存在感を放つ「装飾」を笑って楽しめるか、鬱陶しいと冷めるかで評価に差が出るのだと思う。

前作同様『13金』はネタにされてるんだけど、舞台となる湖をクリスタルレイクに見立てて、『FvJ』のラストシーンのような湖からの登場を見せるJ先生みたいなダークヒーロー感が真打登場な雰囲気出てて笑った。J先生もだいたい湖に沈んで過ごしてるけど、あいつもそうなんかな😂そんで書物に端を発するキャビンで一晩な『死霊のはらわた』→『インディジョーンズ最後の聖戦』の流れとあのロケーションでの邪教儀式が『魔教の町/マークオブザビースト』みを感じさせてくれるのも良かった。

前作同様「ベビーシッターは要らない!」な成長物語なんだけど、言葉で物語を進めていくチープなティーンホラーな下地を、『ファウスト』をはじめとした多種多様なところからの引用でそれっぽく誤魔化していくスタイルもおバカな作風と合ってて好きだった。心情吐露なセリフも引用にする事でそれっぽく見えちゃう魔法!

残念なところは『ID4』ネタがなかったところ。前作ではスティーヴン&デイヴィッドを宇宙最強メンバーに入れるだけに留まらず、『ID4』クライマックスの「愛の使者さ〜!」後のシーンを完コピしててサイコーだったのに。パワーウィンドウ(ブランケット)を閉じて核ミサイル(花火)を発射してハズすだけじゃなくて、それで出口まで逃げた上に扉を閉じて大爆発とかオマージュのレベルが高すぎて大好きだったから今回も期待したんだけどな…😭もしかしたら何かしらあったのかもだけど。