すずき

カムバック・トゥ・ハリウッド!!のすずきのレビュー・感想・評価

3.3
マックスは泣かず飛ばすの老映画プロデューサー。
マフィアのレジーから借りた資金を返せず、マックス秘蔵の脚本を成功した弟子のジェームズに売却する。
その脚本の映画化は自分の夢であったが、泣く泣く承諾。
だがジェームズの映画撮影中、事故で主演俳優が死亡、制作中止に。
ザマアミロ、と喜ぶジェームズ。
だがその時、彼の頭に悪魔の閃きが。
まだ自分は脚本売却の最後のサインはしていない。レジーを納得させて返済を待ってもらい、次の映画撮影中に主演俳優が事故死すれば、保険金で借金返済出来るんじゃないか…?
かくして、老人ホームにいた引退した大スター、デュークを迎え、映画撮影がスタートするが…

トミー・リー・ジョーンズ、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマンの三大老人俳優が集ったコメディ映画。
保険金詐欺で儲けようとするマックスは、映画冒頭の夢を追いかけ続ける姿から離れてしまっている。
殺そうとしてる相手が、ラッキーでことごとく罠を回避、そしてそれが偶然にも「イイ画」になってしまうという展開は、オーソドックスで予定調和的だけどやっぱり楽しい。

「アルゴ」見た時も思ったけど、映画プロデューサーって胡散臭い!