EDDIE

胸が鳴るのは君のせいのEDDIEのレビュー・感想・評価

胸が鳴るのは君のせい(2021年製作の映画)
3.0
常に前向きな女の子と常に何かが辿々しい男の子、2人の高校生の恋物語。
男主人公の恋のライバルとの演技力の差が如実に出ていて痛々しい…少し可哀想なぐらい。
内容的にはよくあるキラキラ青春ラブコメだけど中盤以降勿体つけすぎだなぁ。

これでも結構甘め採点です。
スポット参戦の浅川梨奈とRED RICE、メインキャストでは白石聖と板垣瑞生がとても良かったので頑張った俳優陣に加点です。
白石聖演じる篠原つかさの親友みどり役の河村花も今回初めて知ったけど、すごく好感持てる女優さんでしたね。この子はバイプレイヤーとして長生きするんじゃないでしょうか。

ひとまず終盤の展開とか昨年の『思い、思われ、ふり、ふられ』とほぼ被りでしたが、やはり『思い〜』の方が展開としては巧かったなぁと。あっちは普通に感動したもんなぁ。

とりあえず主人公・有馬隼人役の浮所飛貴がかなりの難物でしたね。
お世辞にも上手いと言えないうえに、恋のライバルである長谷部泰広役の板垣瑞生が上手いが故にその差が浮き彫りになって可哀想なことに。
もちろん彼には罪はないと思うんです。一定のジャニーズファンがいるだろうし、きっとキャーキャー言われてるだろうから、ここで私が苦言を呈しても痛くも痒くもないと思います。
だから敢えて言わせていただきますけど、演技と滑舌が酷い!
もう彼のプロモーションビデオ状態でしたが、ジャニーズもいい加減こんな売り出し方やめた方がいいんじゃないでしょうか。
周りがちゃんと演技できる俳優を置いているだけに、下手さが悪目立ちしています。

あと脚本もツッコミどころ満載。
中盤以降の有馬とつかさのすれ違いはもう回りくどすぎます。
そして脚本の被害者となったのも浮所くんです。途中から怒涛のように、「いや今更なんなん?」な発言や自分勝手な言動が過ぎます。滑舌の悪さもあり、粗が目立ちすぎです。
本当に気の毒だなぁと思いながら見ていました。

一方、さすが俳優としてのキャリアもある板垣くんは上手い。演技が自然。チャラそうなところも自然だし、モテモテ人生を歩みながらも初めて片想いをするという心情を上手く表現していました。
彼のおかげで作品が成立していたとも言えますし、彼がちゃんと上手いせいで浮所くんの悪いところが目立ったという見方もできます。

白石聖も真っ直ぐなヒロインを良く演じていました。身勝手な恋の相手がありながらも、ひたむきに諦めずに思い続ける実直さは白石さんのキャラにも上手くハマっていました。

気持ち的には2.5ぐらいのスコアですが、俳優陣の頑張りで作品として成立していたので3.0をつけさせていただきました!

それにしても本田翼&東出昌大の『アオハライド』とポスターやら文字のフォントやら丸かぶりなのは何か意図があるのでしょうか?

あとこの作品のカップルはそのうち別れると思います。男の方に振り回されすぎ。笑

※2021年新作映画79本目