movko

シングルマンのmovkoのレビュー・感想・評価

シングルマン(2009年製作の映画)
5.0
好きすぎて、また見てしまった。 

完璧な美意識で暮らす悲しみを抱えた美壮年が、死を意識してからの末期の眼と、ミネルバの梟は夕日に旅立つという話。

秘書の香水を誉める「アルベージュ」
→LANVINの古典的香水

ネクタイはウインザーノットで
→素敵すぎる遺言

ニコラスホルトくんの青い瞳
→美若ホルトに生を実感

夕日のシーン
→ Vertigo

ハクスリー「幾夏を超えて」
→恐怖心の講義

女友達ジュリアンムーアとのディナー
→永遠に友達だから、甘酸っぱ過ぎる。

最後突然訪れた明晰な瞬間に命の泉が湧く
→ロマンチック!

でも、覚醒したときには、ミネルバの梟が飛びたってしまうものだという、ヘーゲル的結末。
→うっとり。

ブルーのカラコン買ってしまいそう。トムフォード!天才だよー!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓
映画館で三回見た。トムフォードの作り込みがすごい。何回見ても発見がある。すべてが美しい。ヒッチコックの「めまい」のオマージュなど脚本の文脈も楽しめる。
最後ミネルバの梟は黄昏に飛び立つという話。