ゆゆこ

シングルマンのゆゆこのレビュー・感想・評価

シングルマン(2009年製作の映画)
4.9
世界がスターウォーズでジャックされる中、本作を鑑賞。

洗練された世界観。
初監督にしてこの計算しつくされたような美しさを完璧に出してくる、、さすがデザイナーとしての才能を感じざるを得ない。

そしてコリン・ファースの演技、良かった〜〜。

愛を失い、過去にとらわれ、<現在を生きれなかった>男が、すごく、切ない。

死はしかるべき時に来る。
普段は意識しなくても良かった「死」という存在を、意識せざるを得なくなった時、
人は<生>に改めて対峙する。

そして、失われた8ヶ月間が再び取り戻されようとしたとき。それは彼の<しかるべき時>だったに違いない。

…『ぼくを葬る』でも似たような感覚を得たな、、

とりあえず、美しいんだ。そう、美しい。


…美しい、、、といえばやっぱり、その彼の周囲に現る、ありとあらゆる男が美男子ばかりっていうところですよ!!

リー・ペイスがコリン・ファースに核戦争を語る一方、それそっちのけでコリンがガン見するテニス中の上裸筋肉美男の焼けた身体がめっちゃ画面に映るもんだから、私もついリーペが何話してたか聞いてなくて巻き戻した、 ってのが笑える。

ニコラス・ホルトもなんだか若い!!
カメラワークがまた、美男子たちに更なる美をトッピングするんですよ、もうほんと
魅せられた〜・・・笑

お気に入りの一作になったよ。またいつかみたい。