シングルマンの作品情報・感想・評価

「シングルマン」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

-
絵画のような映画でした。
n

nの感想・評価

-
もう少しケリーと一緒にいてほしかった。寂しい。
コリンファースの視線の意味を持った感じがうまい。会話や落ち着いた音楽で話が流れていくけれど、不思議と退屈さは感じず。
スーツの質感や調度品いたるところに品や浪漫を感じていたら監督トムフォード氏でした。
あー!!!!!コリンファースがいる地球に感謝!!!!!!!!!!!!!!!!なぜ今まで観ていなかったのかー!!!!!!!
ふみ

ふみの感想・評価

3.0
好きだ美しい。なによりコリン・ファースの顔もそして声が好きすぎる。どんな役を演じても茶目っ気が抜けないのも魅力。
尋常ならざる色気を放つ映画。
上裸でテニスをする青年の肌やら、真っ白なセーターをきた少年の青い瞳やら、夕日をあびたスペイン青年の売り専やら、
死を決意した主人公目線で捉えられるショットの数々はトム・フォード自身の美のモンタージュである。完璧で潔癖、ナルシシズムで圧倒的。
個人の主観的妄想世界にここまで酔いしれられる映画も珍しい。
唯一犬の存在が意味をもちそうだったがそれを勘ぐることさえ野暮なのか。
Sayapis

Sayapisの感想・評価

-
映像が異常に綺麗。代わり映えする色彩にずっと釘付け。
nicoden

nicodenの感想・評価

4.0
トムフォードの映画は美しい。
センスの良さがビシビシ伝わってきます。
なんかすきだなぁ。
さとこ

さとこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映像美は期待通り。

恋人を失い今夜死ぬことを心に決めた男の1日。

悲愴感を煽るような演出はない。きっとマイノリティであることもほとんど受け入れきっていて(そこに至るまでに勿論いろいろあっただろうけれど)、それでも、だからこそ、ジムを失った人生を終わらせることを、冷静に決断し、淡々と実行に移そうとしている。

でも、チャーリーの為にお酒を買ったのは。電話に応えたのは。行きつけのバーに行ったのは。ジムのいない人生にも、どこか、なにかないか、最後まで探していたのかもしれない。そして、希望になりうる人物(チャーリーの存在も含まれるとわたしはおもう)に出会って、銃を引き出しにしまい、チャーリーに宛てた遺書を燃やす。

結末は、バッドエンドにも見える。主人公はその瞬間、死にたくないと、思ったかもしれない。でもそのあと、冒頭をなぞるように現れたジムをみて、これはハッピーエンドだ、と思った。

死はどこまでも理不尽だし不可抗力だけど、人生に絶望して自殺をするより、そう悪くないかもと最後に少しだけでも救われたなら、ずっとましなのかも。

最後のキスのシーンは、ともすれば出来過ぎすぎて、白けそうだけれど、最初から最後まで、淡々と、かつ美しい、トムフォードの演出が、成功させてる気がする!
個人的にはノクターナルアニマルズよりずっとすきだな。あと、ジムとの回想シーンもすき。ああいう何気ない会話を、どうしてかずっと覚えてて、時折思い出すの、わかる。主人公にとっては苦しめられる存在かもしらないけど。
しおり

しおりの感想・評価

4.7
たとえ事実は変わらなくても"ハッピーエンド"になるかどうかはその人次第。
そんなことをこの映画は教えてくれる。

孤独への恐怖、老いへの恐怖、少数派であることへの恐怖。
今を生きる人々の交錯する色んな感情がぐっと凝縮されていてとても切ない。
「女として不幸なら女を捨てろ」というコリン・ファースの言葉が刺さる。

銃を引き出しにしまい鍵をかけたことで、チャーリーへの手紙を燃やしたことで、あの晩教え子からの愛を感じたことで、亡きジムを含め登場人物全員に何かしらの救いがあった。
絶望的な映画も鬱々とする映画もいいけどやっぱり救いのある映画って好き…かなり心に沁みた。

監督自身の切実な思いが投影されているのであろう作品。
この後の『ノクターナル・アニマルズ』もよかったしね。
『マッチ・ポイント』の時はそうでもなかったけどマシュー・グードの甘いルックスにやられた。なんじゃありゃ。
>|