コナンドラム

たわわなときめきのコナンドラムのレビュー・感想・評価

たわわなときめき(2020年製作の映画)
4.5
古澤健監督のピンク映画は総じてクズ男が出てくるんだけど、クズ男(主に性的略奪者)がなんとなくだったり否応なしに容認される従来のロマンポルノ的価値観とは一線を画して、古澤健作品では報いを受け排除される。その究極がこの「たわわなときめき」で、ここまでくるとこれ本当にいいのかな?なんて思ったりもする。
ピンク映画のあり方を変えるかもしれないし、逆にいうともうこれより先はないんじゃないかという気もする。ある意味ピンク映画の極北。というかむしろ成人とかピンクとか一般とか関係なく、フロントラインの映画といえるかも。

あけみみうさんは石川欣監督の「優しいおしおき おやすみ、ご主人様」でも素晴らしい演技をなさっていて、もっとたくさんの作品で見てみたい。