けい

サマーフィルムにのってのけいのレビュー・感想・評価

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)
3.9
原石!ダイヤの原石みたいなキラキラした映画。

勝新太郎などを中心とした時代劇リスペクトを中心軸にしながら、映画を撮っていく青春物語。ワンシーンワンシーンに、青春が溢れている。
部室のシーンホント好きだなぁ。

個人的に悪い点をあげるとしたら、演者に感情移入できなかった。それは観ている側の問題かもしれない。急な展開は、青春映画だから気にならないっ。

映画を見た後、方向性はぜんぜん違うけど「湯を沸かすほどの熱い愛」を思い出したぐらい監督の今後が気になる。