サマーフィルムにのっての作品情報・感想・評価・動画配信

サマーフィルムにのって2020年製作の映画)

上映日:2021年08月06日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「サマーフィルムにのって」に投稿された感想・評価

時をかける映像研。
ヨーロッパ企画的ストーリー自体は嫌いではないのだが、映画としてのクオリティ(漠然とした言い方でお恥ずかしい…)がもうちょっと高かったらもっとハマれた。
主演の伊藤万理華はなんともいえない味わいがあってよい。
余談だが、このあと続けて『座頭市物語』を観た(記録を見たら7年ぶり2度目)。
mizo

mizoの感想・評価

-
映画ってさ、スクリーンを通して
今と過去を繋いでくれるんだと思う。
私も私の映画で未来に繋ぎたい。
コンチ

コンチの感想・評価

4.1
ドラマ「お耳に合いましたら。」を観て、伊藤万理華に魅了を感じ拝聴。
良かったです。最後の展開に眠気が吹っ飛びました。
坊主

坊主の感想・評価

3.8
ラストの無理のある突っ走り感が逆に青春ぽい。
今日は「サマーフィルムにのって」を。
映画×ラブ×友情×SF(少しふしぎ)がいい塩梅で混ざった青春映画だった。
時代劇ヲタクの映画少女、ハダシが友人のビート板、ブルーハワイたちと映画を撮るところから物語は始まる。
私が好きだったのは、ハダシはキラキララブコメ映画を撮っている映画部のカリンをずっと否定していたのだけど、自分の初めての恋心と向き合い、苦しみ、受け入れた果てにカリンの窮地を親友であるブルーハワイを送り込むことで助けるシーン。
やはり青春映画にはライバルだった者同士が認め合う、友情がよく似合う。
そして、これがラブストーリーを否定していたハダシ自身を救うきっかけにもなっていくのも素晴らしい。
青春映画らしい元気の良い劇伴とストーリーを補完してくれる主題歌も良かったし、なんと言ってもハダシ役の伊藤万理華ちゃんがかんわいかった〜。小柄な体型にショートカット、くるくる変わる表情に迫力たっぷりの殺陣まで、すべてがほんとにキュートで。ひとめでファンになりました。
ym

ymの感想・評価

4.0
他は全部いいのにラストのシチュエーション個人的に無理だった…
体育館での上映シーンまではなかなか面白かった。ただそれ以降、つまりクライマックスが主役の女の子のプロモーションビデオみたいで只々残念。ちょっと『映像研』の子とキャラ被ってるし、そういう意味でも違うキャストで観たかった。主人公の友達(ビート板とブルーハワイ 笑)役の方はとても良かった。

しかし、この手の作品の前にそびえ立つ『リンダ リンダ リンダ』の壁は、あまりにも高いなと個人的には思う。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.7
伊藤万理華めちゃくちゃに可愛い
身内すぎる終わり方があんまり好きじゃなかったけど、ちょっと捻くれてる高校生の青春が眩しくて良かった。
ブルーハワイ好き、というか意味わかんない名前なのおもろ
key

keyの感想・評価

-
🏷220507 │ 22_102

''映画ってさ、スクリーンを通して
今と過去を繋いでくれるんだと思う。
私も私の映画で未来に繋ぎたい。''

なにこれ、めっっっちゃ好きです。
おまめ

おまめの感想・評価

3.6
あんまりラストシーンが好きじゃなかった
>|

あなたにおすすめの記事