Ren

オールドのRenのレビュー・感想・評価

オールド(2021年製作の映画)
3.5
M・ナイト・シャマラン作品を観るのは『シックス・センス』に次いで2作品目。普通に楽しめました。どんでん返し監督などと言われているらしいですが、そこだけじゃないアイデアが沢山あってよかったです。
⚠️警告後ネタバレ有り⚠️

全編通して、溜めの演出が効いていました。「なんかうちの子大きくなってる...?」の不穏さを、水着がキツくなった描写や、顔を映さずじーっと後頭部側から迫ることで匂わせる。
ビーチが凄く綺麗だけど天気や高波でイヤさを感じさせる映像表現が素晴らしい!大自然・大海原って凄くひらけた場所なはずなのに、異常なまでに圧迫感を覚えるのは、切り立った岩壁とズーム多用のカメラワークのせいか。
この感じのSFでしっかり全てが気持ちよく回収されるのもむしろ珍しい感じがしましたが、ただそれだけにサラッと終わってしまいラストは消化不良......。モヤっとさせたらさせたで色々言われるだろうし、映画をテーマに沿わせてかつ気持ちよく (消化不良じゃない、という意味) 終わらせるのって難しいんだなーと思ってしまいました。



《⚠️以下、ネタバレあり⚠️》










ソリッドシチュエーションものの大ベタ展開「誰かが精神崩れて殺戮マシーン化」になりそうなところを、死ぬ人は全員 設定に起因する老いや病気のせいで死ぬ展開にしたのが偉いなと思いました。そして恐怖体験大喜利の中でも特に、“妊娠“ の展開が素晴らしかったです。そうか、人生にはそのイベントがあった、とハッと頭を殴られたような感じ。急激にお腹が大きくなる衝撃を通して “望まぬ妊娠“ への警鐘を鳴らす演出が上手かったように思います。
美醜・衰弱・喪失、老化が生む負の感情をあらゆるテーマで語っているので、飽きがくることはありませんでした。
ラストは人体実験への問題提起かな。時間が早く進む現象といい感じに絡んでいていいんだけど、結局、兄妹は老いの恐怖から脱してるじゃん、とも思ってしまい......。金持ちの妻が結果的にキーパーソンだったのは面白い。あんだけ大層なことやっておいて、結果が出せたのは一人だけっていう。笑 実験もラクじゃない。

コロナ禍における学生のフラストレーションを100%もろに投影したと思われる、お金持ちの娘の叫びがすごく記憶に残っています。「卒業式もプロムも出られないなんて不公平!」失われた時間への憤りと恐怖。