ブクシ

パリの調香師 しあわせの香りを探してのブクシのレビュー・感想・評価

3.8
最近『調香師の手帖』という資生堂で長年調香を担当した方の本を読み、香りに興味を持ったので、この映画もみてみました。
単体では不快な香りでも、混ぜることでとても良い匂いになることもあるなんて、面白い。
だから知識とセンスを持った人の調香が大切なんですね。

人と人の関係も調香と共通点があることを匂わせる終わり方。アンヌの不器用さもギヨームと混ざり合うことで良いポイントに。
自分の欠点と思っていたところも、誰かと一緒なら思いがけない良さになることもあるのかも…。
人間関係にもそんな調香師さんがいたらいいのに!

調香師というふだん知ることのない世界を見せてくれ、さらに人間関係の奥深さも気づかせてくれる映画で、とても面白く観ることができました!