ドーナッツ

パリの調香師 しあわせの香りを探してのドーナッツのレビュー・感想・評価

4.5
劇場での鑑賞を見逃していた作品。ディオールの撮影協力&エルメスの専属調香師監修という時点で期待大だったが、期待通りの作品だった。

内容は、昔は脚光を浴びていたが現在は落ちぶれた調香師がリストラ寸前の運転手との交流を通して再生していく姿を描いたヒューマンドラマ。

ダブル主演と言っていいぐらい2人がほとんどのシーンに出ていて、それぞれのストーリーも同じくらいあったのではないかな。

それぞれの長所と短所を補える関係がよく、無駄にはらはらしないで見られた。
どんな立場や状況でも、礼儀や相手を慮る気持ちを持って接することは大切だなと。

運転手が娘との関係値、距離をじわじわと縮めていく展開が見ていて微笑ましかった。娘の演技力が光っていた。

序盤で調香師の鼻が効きすぎることによるメリット、デメリットをわかりやすく、共感しやすいように見せていて上手だなと思った。性格に難はあれどあれがあったから味方になれた。

ラブシーンがなかったのはフランス映画なのに意外だった。あったかな?笑