ザック

総理の夫のザックのレビュー・感想・評価

総理の夫(2021年製作の映画)
3.8
《未来に向けて国が考慮すべきこと》
公開終了ギリギリで観賞。
『もしも妻が日本初の女性総理大臣になったら』を核に展開される夫婦の愛と奮闘の物語。主演は田中圭さんと中谷美紀さん。

相馬日和(演:田中圭さん)は鳥類学者。妻の凛子(演:中谷美紀さん)と相棒のインコと幸せに暮らしていた。ある日、出張の準備をしていた日和に凛子はもしも自分が総理大臣になったら不都合はあるかどうかを尋ねる。出張から帰った直後、日和はマスコミに囲まれる。内閣広報担当の富士宮あやか(演:貫地谷しほりさん)に救われ、彼女の車内から見えたテレビで凛子が女性初の総理大臣になったことを知る...。

夫婦生活の変化、浮気疑惑、そして妊娠。総理になってからも難題が絶えず、特に妊娠は男性にはない女性のことなので、本人も日和も周囲の人間もなかなかの苦悩。
女性が総理大臣になったときにこういうことも考えてねっていう指標になる映画だと思う。
やり過ぎな面もあるにはあるが、着眼点がとても好きだった。

2021年149本目