uk

ドント・ブリーズ2のukのレビュー・感想・評価

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)
3.4
直訳すれば「呼吸するな」と名付けられたタイトル「Don't Breathe」の2作目。
1が面白かったので、待っていたレンタル開始日と同時にTSUTAYAでレンタル。
なかなか斬新な作品でした!
1を見てから見れば盲目老人の言うセリフの意味や意図も理解できるのでより楽しめるとは思いますが、1がシチュエーションスリラー要素の強い作品だとすれば主人公の扱い方やストーリー展開が1とは全く異なるためコチラから見ても楽しめるとは思います。
2は主人公の《懺悔》と《救済》の物語だと自分は感じました。
1から8年後の設定。火事の現場に1人取り残されていた幼女を主人公の盲目の男とその愛犬が救い出し一緒に暮らし始めてから8年が経っていた。
1でも触れられますが盲目の男は愛娘を亡くしています。養子に招き入れた娘も失いたくないという思いから、家から一歩も出さず元軍人の盲目の男は護身術も教えながら暮らすのでした。しかし、一方で養子になった少女は普通の子供と同じような生活をしたいと外の世界に憧れます。そして、盲目の男の知り合いの元軍人の女性が養女を外に連れ出した際に、臓器売買組織のメンバーと遭遇してしまい、養女の臓器を組織が奪いにくる。盲目の男は養女を救うことはできるのか?と言った物語。1では完全に敵役・ヴィラン、異常者として描かれていた盲目の男が良きパパ、最愛の娘を守るヒーローとして描かれます。
そして、盲目老人と養女の関係の真実を養女が知るのですが...この真実にクセがあった!
「こういう展開か。」「いや、やっぱり違うんだ。」「えっ、そういうこと!」って感じですね。
ラストの盲目老人のセリフで1を見た人ならこの作品が彼の《懺悔》と《救済》の物語だと感じると思います。
話の展開は違うけど1と同じようなスリルや緊張感を感じて欲しかった。という監督と脚本家のコンビ。そこは1と同じスリル、ハラハラ感を楽しむことができました!