りな

セブンのりなのレビュー・感想・評価

セブン(1995年製作の映画)
3.8
面白かった。映画見たなあといういい疲労感。こういうサイコパスな殺人事件とか結構好きなんですけどこれは極みを見たような最悪な気分。殺人の仕方がどれもグロくて面白かった〜〜

荒削りで感情的で野心もある若手刑事、そのブラピ演じるミルズと、正反対の頭脳派で冷静な定年間近のモーガンフリーマン演じるサマセット、最初は抜群に噛み合ってないけどだんだんと団結していく様子も好き。ブラピの演技が良かった。

ジョンの感情的になったと思ったら会話の中ですぐ冷静に戻るあの異常な不気味さ。サイコ野郎だけど核心をつかれていることも否定出来ずミルズの感情が乱されながら向かうラストシーンは見もの。手汗めっちゃ出ました。

「子供」がひとつのテーマとしてある映画。「将来結婚したら子供欲しいなぁ」なんてぼんやり考えることあるけど、この映画を見たらなんともいえない気分にもなってしまった。「普通にある人々の罪」。。

サマセットと胸毛剃ってるシーンでミルズが言いかけた「俺は…」の後の言葉が気になる。恐怖心もあったのかな。切ない。