tetsu3

セブンのtetsu3のレビュー・感想・評価

セブン(1995年製作の映画)
5.0
観客は、あの、どろんとした、もやーっとした、ねちゃーっとした、空気感に、ずるずると引き込まれていく。
そして。それをしばらくひきずる。。。

何一つ救いのない映画であるが、忘れられない1本。
オープニングから嫌な感じを植え付けられ、その嫌な感じが最後まで続いていく。
それが故に、緊張感が嫌でも維持し続けてしまう。

最後の最後。
おいおいその展開はないだろう……
いや、ないって…
うわっ、だめだめだめ、いやーーーーっ…
の嫌な感覚は忘れられない。

観客誰もがその展開をわかっていながら信じたくなくて否定していて、しかし、予想通りの展開ゆえに驚愕する。

物語が終わりクレジットが終了するまで誰一人席を立つ人がいなかった初めての映画。
たぶん誰も立てなかったのだと思う。
劇場内が明るくなって初めてこの映画の空気から解放されたのだろう。
これまで何本も映画を観てきた中で、そんなことは「ミリオンダラーベイビー」とこの「セブン」だけだった。

この作品を観たのは、劇場でのただ一回のみ。
しかし、どのシーンも僕の記憶に刻み込まれている。

ねっとりと。