鍋レモン

セブンの鍋レモンのレビュー・感想・評価

セブン(1995年製作の映画)
4.2
⚪概要とあらすじ
カトリックの7つの罪をモチーフに連続猟奇殺人を取り扱ったサスペンス映画の傑作で、ダークかつ先鋭的な作品から全米では大ヒットを記録した。

引退まであと七日と迫った老刑事サマセット。彼は、自分と入れ替わりに配属された新米刑事ミルズは、怪事件を担当する事になる。その事件は、聖書に示された七つの大罪に沿った連続殺人事件の序章であり、二人の刑事はその事件を追い引き込まれて行く。

⚪感想
「もし奴が本物の悪魔なら納得するだろう」

ドキドキハラハラ感や演出と雰囲気がいい。一つ一つの痕跡が繋がってわかっていく所が面白い。伏線も素晴らしすぎる。
なにかを言ってしまうとだいたいネタバレになりそう。どこからがネタバレかも気になるところ。
ちょいグロなのでご飯の前に見ると少し食欲がなくなるかも。

「ユージュアル・サスペクツ」の時もそうだったけどケビン・スペイシーの演技が好きだし良い。そして、ブラッド・ピットとモーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロウも良き。
怪我したブラッド・ピット死ぬほどカッコイイ。乳首を切り落としちゃったら労災おりるかなっていう下り可愛いな。

ミルズの未熟さ純粋さと、サマーセットの優しさが噛み合わないのがなんとももどかしい。

七つの大罪を元として様々な文学が出てきてそれを絡ませてくるのが面白い。
出てきた本を全部読みたくなってしまった。

あの例のシーンで気づける程度にサブリミナル効果が使かわれてるのに改めて観て気づいた。
あと映してないのに見たような記憶があるってことはそこもそうなの!?とか。

七つの大罪は
「暴食」
「色欲」
「強欲」
「憤怒」
「怠惰」
「傲慢」
「嫉妬」。

後味は悪いけど面白い映画。

⚪鑑賞
TSUTAYAのDVDで鑑賞(吹き替え)。
午後のロードショーで鑑賞。