fumika

セブンのfumikaのレビュー・感想・評価

セブン(1995年製作の映画)
4.0
退職を間近に控えたベテラン刑事サマセットと若手刑事ミルズは猟奇連続殺人事件の捜査にあたる
立て続けに起こる事件から犯人がキリスト教における「7つの大罪」に基づいて殺人を繰り返していることが判明しそこから容疑者を割り出す2人だが、犯人にあと少しのところで逃げられてしまう
そしてその後犯人を逃した事により驚愕の事態が起きてしまう


ブラピ×モーガンフリーマンでさらに刑事ものとは目新しい組み合わせ


今回もいつもの様にモーガンフリーマンは世の中を達観している人物を演じていて、そのサマセットが随所随所で世の苦さを吐露しているシーンは哲学の要素もあり印象的


また犯人の犯行は彼が主張する宗教観を超えた誇大妄想であり、その動機が不明な点や残忍性が、現代の闇をそのまま映し出しているかの様


ほとんどはサマセットになるが、紡ぎ出される台詞の数々は思わずハッとなってしまうほど秀逸に創り出されていて優れた脚本だなと感じた



それにしても恐ろしい
最後の悲劇の救いようのなさといったら…

ふとした時の犯人の笑顔と、ミルズ刑事の涙と怒りでくしゃくしゃになった顔が反芻してなんとも後味の悪い作品