ake

セブンのakeのレビュー・感想・評価

セブン(1995年製作の映画)
3.7
このラストは衝撃😅

有名なサイコサスペンス映画ですが、初視聴です!

退職まで1週間のベテラン刑事サマセット(モーガン・フリーマン)と新人刑事ミルズ(ブラッド・ピット)のコンビが、七つの大罪をモチーフにした殺人事件の捜査をする物語です。もう有名でしょう。僕は一切内容知らなかったです😄

この映画は暗い。雰囲気も暗いし、映像も暗い。雨が降ってる描写が目立つからさらに暗く感じます。でも雨のシーン好きなんですよね☺️
この雰囲気の映画だからこそ、新人刑事ミルズの妻トレイシーが、ベテラン刑事のミルズを食卓に招くシーンが笑いもあって印象に残っています。

残酷な映画です。
がっつり映像は無いですが、殺人内容が中々のがあります😅

そしてラスト…
車で大体察して、箱のサイズで確信しました。
これは、予想出来てなかったらかなりキツイですね…予想出来てもキツイ

全て見た後に、目的地に向かう車の会話のシーンを見直すとつらい
もう一度見たいけど、見たくない映画です。

モーガン・フリーマンは勿論、若いブラピの演技も素晴らしく、ケヴィン・スペイシーも良かった!この人達の演技あってこその衝撃のラスト。
初見の方は、ネタバレ無しで是非!