セブンの作品情報・感想・評価・動画配信

セブン1995年製作の映画)

Se7en/Seven

上映日:1996年01月27日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

「セブン」に投稿された感想・評価

フィンチャー作品を好きになるきっかけだった映画。ジメジメした雰囲気が好きすぎる。ネタバレギリギリだけど、最後のシーン、もし自分がブラピだったらあんなもんじゃ済まないくらいにやらかしちゃうと思います。
知る映画の中で、エンドロールが1番クールな作品。
相棒と一緒に鑑賞して盛り上がった作品
観てるうちに自分で考察して色々な終わり方が思いつくけど、これは予想外…

最後あの決断は個人的に人間味があってリアルだと思った!

あの瞬間我慢できる人はいるのか…?

"罪に正義をもって復讐すれば犯罪になる

"罪に精神病を持ち込めば無罪になる

そう考えるとなんとも言えん変な気持ちになるな〜
Riku0707

Riku0707の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ケビンスペイシー
途中で解るもののまさかの
ユン

ユンの感想・評価

3.8
なんかモヤっとした
zum

zumの感想・評価

3.9
シリアルキラーの殺人鬼を止めようとする話
子供の頃の自分には難しすぎて、内容をさっぱり忘れていた。これまでホラーやサイコ見過ぎた所為か、自分的には胸くそ感は薄めだった(苦笑) むしろ清々しいほど、素直で洒落てる作品に感じる。2周目でOPの意味が理解できるし、音声解説で作品制作の話が聞けて満足の好評価。この頃はまだスペイシーを知らなかった、心奪われるのはこの8年後のことである(笑)
これはグロ注意な作品だね。
『「感情」から書く脚本術』で引用されてた作品…だったと思うので、鑑賞。
冒頭から不穏過ぎる。
てか、タイトルの意味何?と夫とうだうだ考えながら観てた。(第六感の次の感覚?とか、1週間のこと?とか色々好き勝手言ってた)
謎が謎を呼ぶ。次々と起こる連続殺人…。
そしてラストも…なるほど…。
上質な謎だなぁ。知能犯様々。
似たようなグロいテイストの作品だと『羊たちの沈黙』が浮かぶけど、私はこっちのほうが好きだったかも。
>|

あなたにおすすめの記事