セブンの作品情報・感想・評価

セブン1995年製作の映画)

SEVEN

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

「セブン」に投稿された感想・評価

CrimeX0I

CrimeX0Iの感想・評価

4.8
人間の7つの大罪をテーマにした濃厚すぎる7日間が舞台となる。

毎日降りしきる雨、汚い街並み、頻繁に聞こえてくるサイレン。これらが映画全体を陰鬱な雰囲気に演出していた。

冷静沈着で世の中に失望している引退直前のベテラン刑事サマセット。相方の新任刑事ミルズは、対照的で若く感情的な人間。
価値観の異なる二人の会話には考えさせられる点もあった。これも本作高評価の一因。
節々の会話の断片に、本作のオチへの伏線が散りばめられていた。

飲食店でのトレイシーとサマセットの会話で「あの時の決断は間違っていたとは思わない。だが、あの時違う決断をしていれば、と思わなかった日は一日たりともない。」という台詞があるが、これが私的本作一の名言。正にそう、と思い浮かぶ事が誰しも一、二あるものだよね。

あとはジョンが良かった〜。終盤の車の中での会話とか、車降りてからのミルズへの発言とか、ゾクゾクした。人間の7つの大罪をこういった形で完成させるのかと度肝を抜かれた。

脚本、映像、演技いずれも洗練された映画でした。
サマセットが最後に発する、「【この世は素晴らしい。戦う価値がある。】この名言の後半には同感だ。」という台詞が本作の画竜点睛となる。
今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。
すしす

すしすの感想・評価

3.0
暇つぶしに数十年ぶりに見たら
電車で天気の話されて具合が悪くなって相手の顔にもどして愉快愉快
って誰だったのか思い出したびっくりしたわお前だったのか!
時々思い出してたの
ありがとうすっきりした
至高の終わり方・究極の犯人役
gigigi

gigigiの感想・評価

-
んまあああああよくできた映画だこと。バッドエンド大好き、映画の色使いも最高!記録。
なら

ならの感想・評価

4.2
ある程度予測は出来たが終盤の緊張感にグッと来た。そりゃそうしてしまうよなと視聴した人は誰しも思うんじゃなかろうか。序盤で「明るく楽しく揺れる我が家」と言っていたのが懐かしい。無関心が一番の解決かもしれないが、関わりたいのはそれだけ感情が揺れ動いているからなんだろうな。モーガンフリーマンが好演。あーいう歳の取り方をしたい。
pinkyfly

pinkyflyの感想・評価

3.5
ラストはやばい
>|