セブンの作品情報・感想・評価・動画配信

セブン1995年製作の映画)

Se7en/Seven

上映日:1996年01月27日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

「セブン」に投稿された感想・評価

すき

すきの感想・評価

4.5
後味悪い映画だな〜ラストきつすぎ。セブンといえば、バタフライエフェクトでエヴァンたちが少年の頃セブンを映画館で観に行って、肥満な男の人がスパゲッティの入った皿に顔突っ込んだまま死んでるシーンが出てて、セブンを観たときにわかる!このシーン!ってなりました。モーガンフリーマン出てるから名作だよね。きっついけれどまた観返します。
ある程度映画見てたら、ラストは想像つく。けど、ブラピとモーガン・フリーマンのキャラ立ちが最高で、映画のテンポも絶妙で、ラストまで全く飽きない。あとナイン・インチ・ネイルズかっこいい。
A

Aの感想・評価

3.7
だいぶ前に見たきりなので記録だけ。

ブラッドピットじゃなくてブラピって感じ。かっこいい。
わーーーー。後味悪いやつ。
なかなかヘビー!うどん食いながら観る映画じゃなかった…。ラストのブラピの演技に飲み込まれた。オタクなので7つの大罪だいすき。
N

Nの感想・評価

3.0
2020.1.20(Mon)
テーマとブラピに惹かれて鑑賞。
OPがかっこよかったです。映画でOPある作品って少ない気がするけど『ドラゴン・タトゥーの女』のOPもかっこよかったし、映画のOPは総じてかっこいいものなのかな。と思ったら監督同じで納得。
話はラストがうーんって感じでした。ミルトンだのダンテだのってくだりとか殺人方法のサイコぶりとかは面白かったんだけど…。
自分も大罪犯してるならベクターだって他の人裁く権利ないし、最後に殺した人大罪と関係ないし。ミルズを7人目に仕立てるためのものだったらおおーってなるけど、だったらミルズが7人目として今後どうなるのかってことを少しでも匂わせてほしかったなと思います。でもサマセットが最後に「この世は闘う価値がある」みたいなヘミングウェイの引用に賛同してたってことは、ミルズは自殺とかせず苦しみながら生きてくのかな。ということはベクターミッション遂行できてないじゃん。3人の会話をもっとちゃんと噛み砕けば今後のミルズの展開とか死生観とか人生観とかもっと深いテーマも見えてくるんだろうけど、2回目はいいかなって感じでした。
どうでもいいけどビクターって名前とサイコ具合でハンニバル・レクターが思い出されましたが、レクターの方が勝ってるなと思いました。
若いブラピはやっぱりイケメンだった。

このレビューはネタバレを含みます

バッドエンドはやるせない…。
最後は観ててしんどかった。
matsu

matsuの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

終わり方ふくめ、とてもよかった!
個人的に古典がすきなので、登場した蔵書を読みたいな〜とおもった

人間は善悪の両面を持ち合わせていて、どちらにもなりうるということ、それに気づいていないことの危うさ、都会で生きていくにはある程度無関心である必要があること、など共感できる考えにふむふむ、なりました

前にツイッターで「昔は本の貸借履歴にはその人の思想が現れるので、とてもパーソナルな情報である」という旨のツイートをみたのを思い出した
>|