セブンの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

セブン1995年製作の映画)

Se7en/Seven

上映日:1996年01月27日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

「セブン」に投稿された感想・評価

uchi

uchiの感想・評価

3.5
滝のように降る雨と、最後が読めた瞬間の顔を覆いたくなる感覚がきつい

モーガンフリーマンはいつも通りすき
那帆

那帆の感想・評価

4.0
七つの大罪、人間当たり前に欲にまみれてたんだなぁと思った。
裁かれるようなものだと思ってなかったもんなぁ。
「そんなに好きなら思う存分どうぞ」って感じが好き。
ラストは駆け足な気がしたけど、皆さんご存じのどんでん返し。救いがない。好き。
たろさ

たろさの感想・評価

4.5
何回もこの映画を観たけど、思い出すシーンはラスト20分のやり取り。今までやってきた出来事が全てそこへと終結する。初めて観た時はホントにビックリした。

キャスティングもいい。やんちゃな若手刑事にブラッド・ピット、落ち着いたベテラン刑事にモーガン・フリーマン、天真爛漫な妻にグイネス・パルトロウ、そしてサイコパスにケビン・スペイシー。全てハマっている。
ROOT

ROOTの感想・評価

4.5
フレッシュなブラピを摂取するのに
最適な映画。
いかにもやんちゃな後輩って感じをうまく
演じててとってもプリチー

ブラピの最後の演技が本当に良くて
雄叫びをあげてしまう…
いつみても心苦しい、けどたまらない
Waaaji0ktm

Waaaji0ktmの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

クレジットが終わって初めて全身の力が抜ける作品
ここまで気味悪く、後味が悪いのに見入ってしまうフィンチャーの力量と
モーガン・フリーマン、ブラピの演技力に感嘆する

グロい系苦手なので、意識的に避けてきた作品だが、
2019年のうちに(しかも明るい昼間に)意を決して視聴
好きか、嫌いかで言えば嫌いな部類だけど、映画作品としての完成度は素晴らしい

終始曇りや雨でこれから起こることが好転しないことを予期させつつ
不協和音や、ホラー演出のカメラカットで見ている人を引き込む演出に加え
七つの大罪になぞらえて進んでいくストーリー(脚本)の力強さが素晴らしい

憤怒と嫉妬に自らを巻き込み、物語を完成させる潔さには
残虐性の中にも犯人の歪んだ「美学」が存在しており、
善悪とは何かを考えさせられる

ブラピが30歳そこそこでこの演技力ってやべーだろ…って思い知らされる作品でした
maricoro

maricoroの感想・評価

3.5
7つの大罪をテーマに連続殺人が起きる。最後バッドエンドですわ~!
受信料

受信料の感想・評価

3.8
暗く陰鬱とした報われない映画。
画面の色調も暗く、ジメジメとして見るものに常に不安を与える。
衝撃のラストシーンだけが取りざたされることが多いが、随所に挟まれる演出も良い。
airi

airiの感想・評価

3.8
後半どうなるか何となく読めてしまったけど最後まで観れた
後味悪い
モカ

モカの感想・評価

4.0
デヴィッド・フィンチャー監督の出すダーク感がたまらなくいい。
狸貉子

狸貉子の感想・評価

4.0
奇妙な殺人が起こり、それが七つの大罪になぞらえた連続殺人ということに気づいてその犯人を追いかけるという正統派サスペンスミステリー、と思いながら見ていたら最後の最後でギャーッ!!!ってなる

犯人を追いかけてトラックのところで銃を突きつけられスローモーションで観念するブラピがMost可愛いブラピ

処刑方法がいずれも頭のぶっとんだ内容だし実行するのも難しくない?って感じなので、今見たらきっと脳内で犯人たちの事件簿よろしく苦労する犯人を想像してしまう