サムジンカンパニー1995の作品情報・感想・評価 - 13ページ目

「サムジンカンパニー1995」に投稿された感想・評価

御統

御統の感想・評価

-
『サムジンカンパニー1995』試写会で鑑賞。
何かが変わる時、何がどう動くのか。
変える物が巨大であればあるほど難しく、動く側が小さければ小さいほど効果がない。
そんな時、外部の大きな力に頼るのか。
...いや、小さくても数が集まれば強靭に。
今の日本社会にも通じますね。

エンドロール。
意図は汲み取れなかったけど、
あの頃の郷愁が。
わかりやすい展開が楽しい、と思いきや二枚三枚とカードが裏返される。90年代OLのお茶汲みだけでも屈辱的なのに男性社員の革靴を揃える?!からの人として誇りをかけた闘いが。
レトロゲームを模したエンドロールがキュートでした。
ヤマハ

ヤマハの感想・評価

3.8
実際に起きた韓国大手のサムジンによる汚水流失事件を基に、OL3人組が企業隠蔽の暴露をしていく物語
当時の女性社員に対する不当な扱いや大企業相手という厳しい環境の中、自分の仕事に誇りを持って正義を貫く主人公たちの姿が素敵で面白かった!

当時の服装からエンドロールまでレトロな感じも良かった✨
オンライン試写会にて。ありがとうございます

1990年代の実話を元にした韓国映画。
学歴と性別で差別される時代に
高卒女子社員の3人組が会社の不正を暴く…‼️
才能あっても高卒だと雑用しかさせてもらえないのは
改善されているとはいえ日本と近いものがあり、
より身近な問題に感じられました。

メイン3人がかわいく頑張り屋なので応援したくなります。
ファッションやメイクもレトロかわいく
どこか懐かしさを感じられる映画です。

今流行りの太い平行眉と違い、
眉ほっそぉぉ〜〜〜〜〜!!
視聴後ねじりドーナツ食べくなります(´ρ`)🍩

この時代を生き抜いた今50代前後の方が
英語の必要性を感じて、
子供に英語を習わせたのもあり
現在英語を喋れる割合が多いのだなと納得いきます。





マイナスな点を言うと
演技や演出がコントのように大袈裟すぎたり、
出ている男女がステレオタイプな人間ばかりで
わざとかもしれませんが古めかしさを感じました。

映画では大団円ですが、
いまだに続く学歴や性差別については
今一度考えたいですね。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.7
オンライン試写会にて🎬
予備知識皆無で挑んだので、ジャケだけでコメディ要素強めな作品かと思っていたら、まさかのシリアスなテーマで驚き。90年代の韓国での、女性であるがゆえ、偏見からの働きづらさや学歴重視の酷な現実が描かれていて胸糞悪い部分もある。並行して描かれる会社内部で起こる汚染水隠蔽問題。周囲が問題に目を背ける中、主演3人を筆頭に女性陣が立ち向かう姿はかっこよくて痺れた🤤黒幕も誰か最後までわからない演出になっているのも面白い👏
そしてこの年代の髪型とかファッションがすごく好み。ボルドーカラーの会社の制服も可愛い👏イ・ソムがブルピンのジェニっぽいキツ目美人でとても綺麗😍👏👏
1991年に起きた斗山電子のフェノール流出水道水汚水事件をベースに、会社の悪事を暴くために奮闘する女性社員たちを描いた作品。

観る前は単なるコメディだと思ってたから、予想外の展開におっ?おぉっ??となりながら楽しめた!

高卒女性というだけで、優秀なのに出世できない3人が、大企業相手に、探偵か刑事さながら捜査して立ち向かう姿は、自然と応援したくなる。
全体に詰めが甘いというかツッコミどころもあるけど、メッセージは十分伝わったし、主演3人がとっても可愛くて良かった!

イ・ボンリョンさんは、色んな作品で見かけるけど、いつもいい味出してて本当素敵。
オンライン試写会で拝見!

90年代の韓国、女性の仕事進出が難しく、女性の仕事に対しての差別的な扱いが横行している。そのなかで、OL3人が大企業の不正事件を暴いていくストーリー。

半沢直樹っぽさとショムニっぽさが入り交じる。
誰が黒幕なのか?というサスペンス的な楽しみ方。まさに半沢直樹的。
そして、仕事とはなにか?を考えさせるテーマも良かったから、飽きずに最後まで観れた。
女性たちの活躍する姿にワクワクしたし、最後のスカッとJAPAN的なところも良いし、単純なエンタメとして観たら楽しい。


※以下、悪い点。

けど、ちょっと待ってください。
これはもの申したい。
問題の軸を見事にズラし、論点を上手に反らし、“いい話”にまとめてる。
ネタバレになってしまうから、詳しくは言えないけど、一番の問題点をあっさり描いてる。もっとも大事なのは別にある。

さらに、この話は90年代は~的な感じになってるけど、いまの韓国は日本と同じくまだまだ仕事の面で女性進出は上手くいっていない。国際基準より下だし、過去の話みたいに描いてるのには違和感がある。もっと言うと、まだまだハラスメント問題は根強いよね、韓国。
そう考えると、最後の最後の結末はおかしい。解決していない女性進出に対して、韓国が上手くいっているように描くのは嘘だと思う。

あと、日本やアメリカへの敵対意識を匂わせ、“韓国人って良いよね!”感を出すのはやめて欲しかった。


ストーリーは良いのに、その裏にあるテーマの描き方の嫌らしさを感じる作品。
この気持ちをぜひ分かっていただきたいので(笑)ぜひ観てみてください😂
何も知らずに見たので、明るいポスターと原題からはこんな話だとは思いもしなかった。高卒女性社員達が不正に立ち向かう話自体は面白いが、映画的魅力にはあまりにも欠ける。1時間半たってやっと面白くなり始める感じです。潜入シーンとかいくらでも面白くできそうなのに、ハラハラしないしスリリングさも無いのはいかがなものかと。展開もどこかで見慣れたものが多く、意外性もない。
「こういう話なのか!」と期待させられた分、それに伴う結果はついてこなかった印象。諦めずに立ち向かった女性たちのメッセージは胸に刺さりました。
うさこ

うさこの感想・評価

3.0
高卒OL3人組のジャヨン、ユナ、ボラムのキャラクターと友情が素敵でした。ポン部長が彼女たちを守るために責任を取ったのがあまりにも悲しい。ユナの最後のシーンがかっこ良かった!
AmyZあや

AmyZあやの感想・評価

4.2
cocoさんオンライン試写にて。
劇中出てくる大なり小なりの理不尽達。「こんな事あってたまるかーい!!」と言いたい所だけど…あるー!2021年にも普通にあるー!!世の中の理不尽達に悔しい思いをしてるみんな〜!「サムジンカンパニー1995」観よ!
「今、小さな私にできる正しい事を」実際それがどんなに困難な事か!!その困難に立ち向かってくれた彼女らに、勇気をもらえるというか何だか救われたような気持ちになりました。
なかなか行動を起こせない理由っていうのもわかる…めちゃくちゃわかる…。立場的な恐怖とかは勿論、「自分を必要としてくれている場所」を壊してしまうかもしれない恐怖っていうのもあるよね…
それでいいのか…?という部分もあるし、乗り切れないコメディ加減な部分もあるっちゃある。
メイン3人がもうどんどん愛しくなっていって、「彼女達にこれ以上泣いてほしくない…笑顔でいてくれー!!」といろんな所でボロボロ泣いてしまいました…自分が大好きでいられる彼女らであってくれ…!他の登場人物達も(いや、よく考えてみたら虫がよすぎやしないか…という人もいなくはないけど)めちゃめちゃ愛しくなってくるー!タバコのツンデレお姉さんと英語の先生、可愛くて好きよ…!