nobodymag

ドライブ・マイ・カーのnobodymagのレビュー・感想・評価

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)
-
村上春樹の短編を原作とする『ドライブ・マイ・カー』は、濱口竜介の説話技法が驚くべきものであることを証明する。それはすでに、濱口の以前の諸作品、とりわけ『寝ても覚めても』で明らかだったが、本作においてこの映画作家はそれをさらに洗練させ、物語の深さに一層磨きをかけ、飛躍を見せた。数年間の出来事を3時間で描くなかで、『ドライブ・マイ・カー』は『ワーニャ伯父さん』を上演しようとする劇作家・家福に焦点を当てる。
 濱口の世界において単純なことはなく、物語は主人公と彼の周囲の人物たちの混沌とした実存のなかへ入り込んでいく。さらに語りの筋は、物語を複雑化する複数のエピソード、人物たちとともに交差していく。『ドライブ・マイ・カー』はかなり長いプロローグで幕を開け、ここで喪と心を揺さぶるエロティシズムが刻まれた精神的な冒険の基盤を築いてみせる。それは、淀みなく素晴らしい最初のシーンで表現される。セックスの後のベッドにほとんどささやくような声が響き渡る場面に観客は浮遊させられるだろう。そこから、濱口はゆっくりとわれわれを驚きに満ちた迷宮に誘う。だが、この日本の映画作家は物語を捻ることに関心があるわけではない。むしろ、あるいくつかの分岐点によって、魅力的な物語をほとんどの登場人物が抱えるトラウマに到達させることを可能にしている。
 このフィルムの多くが広島で展開していくのは、濱口がカタストロフィを生き抜いた人物たちを捉えているからかもしれない。以後の世界には、以前の世界の記憶、秘密や謎が残っている。このことの大部分は車が絶え間なく往来することで演じられる。その運動は身体的というよりは精神的である旅を結晶化させる。主人公家福と彼を毎朝広島の劇場まで乗せ、毎晩島の宿泊地まで送り届けるみさきはともに長い旅をすることになるだろう。ふたりの奇妙な関係は徐々にフィルムの中心になっていく。ふたりの関係は遠回りをすることで、逆によりこの作品の核心へとより戻っていく。
 濱口の演出は洗練され、緻密であり、捉えがたい。まるで、僅かな細部がパズルの全体を絶えず参照するかのようであり、滑らかな語りで客観的現実と夢の要素を混ぜ合わせるかのようである。こうしてフィルムは、昼のなかに漂う暗い夜の雰囲気のなかを進み、最後の白雪に覆われた丘の頂上に到達する。
 これ以上さきは書くべきではないだろう。少なくとも、『ドライブ・マイ・カー』は、映画にとって普段とは異なる奇妙な年において偉大なフィルムの一本となることは確かだろう。『ドライブ・マイ・カー』は、各々の真に親密な経験と時間をかけて共鳴し、われわれの揺らめく無意識の暗い夜闇のなかで、長い間輝き続ける可能性を秘めている。

          ティエリー・ジュス(元『カイエ・デュ・シネマ』編集長、映画批評家、映画監督)

(「レザンロキュプティーブル」2021年7/8月号/訳出:梅本健司)

小誌webサイトに本作をめぐる4つの論考を掲載しております。是非お読みください!
執筆者(敬称略)
・「喪に服し、エロティシズムに満ちた長い精神の旅」ティエリー・ジュス(元『カイエ・デュ・シネマ』編集長、映画批評家、映画監督)
・「やつめうなぎ的思考」木下千花(映画研究、京都大学大学院人間・環境学研究科教授)
・「音という旅」坂本安美(アンスティチュ・フランセ日本映画プログラム主任、映画批評)
・「テクスト(コン)テクスト」隈元博樹(編集部)
詳細はこちら↓
https://www.nobodymag.com/interview/drivemycar/

・追加論考
「濱口竜介の『ドライブ・マイ・カー』を見て、ここにはワーニャ伯父さんと2人のソーニャがいる、と思った。この映画は村上春樹の短編小説を原作とするが、濱口が「もう一つの原作」と述べるほど、チェーホフの『ワーニャ伯父さん』が重要な位置づけを担っている。
 途方もなく豊かな魅力をもつ傑作である『ドライブ・マイ・カー』をめぐっては既に多くの言葉が費やされており、これからも多くの言葉が費やされていくだろうが、ここではワーニャと2人のソーニャという観点から書いてみたい。」(中村修七)
https://www.nobodymag.com/journal/archives/2021/0911_1905.php

また、特集ページでは本作を巡る論考に加え、これまでNOBODYと深く関わりをともにしてきた濱口竜介監督との足跡を、独自のアーカイブ形式にてお届けします。
同じく今年公開予定の『偶然と想像』に向けた特集も企画中ですので乞うご期待ください。