touch

ドライブ・マイ・カーのtouchのレビュー・感想・評価

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)
4.8
"本当に恐ろしいのは 知らないままでいること"
* * *
オールタイムベスト入りの傑作!
村上春樹の原作とチェーホフの戯曲を咀嚼して再構築した脚本の完成度もさることながら、演劇を踏襲した演出、的確なカメラワーク、冴え渡る照明効果、抑制の効いた劇伴…技術面も文句のつけようがない。
3時間、筆舌に尽くし難い映画体験に終始悶絶。
.
「本が良ければ必然的に映画は面白くなる」を地で行く作品。
アカデミー賞の選考要件さえ満たせば脚色賞ノミネートも十分あり得る、なんなら受賞すらも射程圏内では。
そう思わせる程のポテンシャルをひしひしと感じさせる脚本の強度。
「言葉を用いること」の可能性にとにかく痺れた。
.
家福の妻の名前:音の字が線対称なのがずっと気になっている。
着信画面に映るローマ字表記でも"Oto"なのでシンメトリー。
鏡が重要なモチーフとして幾度となく登場する本作、きっと何らかの意味を持っているはずで…。
.
家福悠介は左目に緑内障の兆候、みさきは左頬に傷。よく似た瑕疵をもつ二人が左ハンドルの車の中で心を通わせていく。
まるで「不完全であること」が二人を引き合わせるかのようだ。
運転席と助手席の後部座席、ねじれていた位置関係が、ある時から運転席と助手席になる。片割れが揃った瞬間に落涙した。
.
音の葬式のシーン、葬儀看板の「家福」の部分が枝葉で露骨に隠れている。
彼女は「家福 音」ではなく「音」として生きた、つまり「家福悠介の妻」ではなく、限りなく男から愛されることを望んだ「一人の女」として生きたという暗喩のようにも見える。