ポンポコリン

ドライブ・マイ・カーのポンポコリンのネタバレレビュー・内容・結末

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

村上春樹作品に登場する女は生活感がない。排泄はおろか食事をしているシーンもあまり思い浮かばない。それは彼女と深い関係にある男が実は彼女と向き合っていないからそう見えているのかもしれない、という村上春樹作品の女性像への(今までとは違った)視点を見せられた映画。
村上春樹作品の主人公が泣きながらいなくなった妻のことを思うなんて、今までの作品ではあんまり考えられなかったけど、「自分の心を覗く(そして相手の心を受け取る)」というところまでたどり着くストーリーが優しくて良かった。原作の「木野」は、心を通わせる相手がいなかったけど、「ドライブマイカー」はいてよかったと思わせられる。(それも原作より色濃く)

あとヤツメウナギのお話の続き、村上春樹的すぎてびっくりした。

あと岡田将生すごかった。まなざしで演技してるとはこのことか…