smzsmzsmz

ドライブ・マイ・カーのsmzsmzsmzのレビュー・感想・評価

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)
5.0
なんか本当に好みな作品を見た後の、この外出て深呼吸してしまう気持ちは毎回言葉にしづらい。
でも映画館に入る前の自分と映画館を出たときの自分はまるで別人かのようで、自分のカチッとハマる映画を見たときは大体この状態になる。言葉にし難い浮遊感だ、気持ちが浮き足立ってるんだと思う。
ほんとに心地の良い時間だった、色んなことを考えさせられた、心が何度も動いた。
こんなセリフ、こんな表情、こんな仕草や目線、数少ない音、それらが心のなかで何度も何度も染み渡った。
そして途中からこの映画が終わってほしくないなー、ずっと見続けていたいなーと望みながら映画を見ていた。
(好きな食べ物が食べ終わってしまう時とか、好きな人や友達と過ごした日の帰り際の寂しさに似ている感覚かもしれない。)
3時間は一瞬だった。
楽しい時間はあっという間だ。
これまでたくさん映画を見てきて、タバコや車でのいいシーンはたくさんあった。
でもこの映画でのタバコのシーンは自分のタバコ、クルマシーンの中でもベスト3に必ず入る。
素敵な映画に出会えた喜びはやっぱ映画好きでよかったなー、映画最高だなー、てか生きてるなーって思う。
これが映画を見る醍醐味だ、何か大きい想いにふれて触発されてる。
みんなにこの映画を見て欲しい、そして色んな感想を聞きたいし、なんかすごく映画について話がしたい。
幼稚な感想だが、本心でそう思う。
今年観た映画で1番だ。

映画館からの帰り道にホームレスのおじさんがタバコをくれと話しかけてきた、これは日本のタバコでHOPEっていうんだと伝えた、一本あげてライターに火をつけて一緒に吸った、火をつけてあげた時に風を防ぐ彼の手がとても冷たかった、吸いながら彼はすぐにお金もくれと言ってきた、お金はないからもう一本タバコをあげると伝えた、彼は嬉しそうにもらったもう一本のHOPEをポケットにしまった。
英語で何言ってるか全然わからなかったけどなんか嬉しそうにタバコを吸ってるから良かったなと思った。
それに彼のポケットの中には新しいHOPEが入っているのだ。
なんか映画を見終わって起きたこの時間も自分的には映画的なひと時だった、だから自分は映画が大好きなんだと思う。